2018-04-26

蠲痺湯③・成方切用・巻6上・袪風門

辛能散寒,风能胜湿,防风;羌活,除湿而疏风。
辛は能く散寒す,風は能く湿に勝り,風を防ぐ;羌活は,湿を除きて風を疏す。

气通则血活,血活则风散,黄芪、炙草,补气而实卫;
気通ずれば則ち血活く,血活かば則ち風散ず,黄蓍、炙草は,補気して衛を実す;

(黄芪畏风防风,合用而其功益大。)
(黄蓍は風を畏み風を防ぐ,合せ用ひて其の功は大に益す。)

当归、赤芍活血而和营;
当帰、赤芍は活血して営を和す;

姜黄理血中之气,能入手足而祛寒湿也。
姜黄は血中の気を理し,能く手足に入りて寒湿を袪すなり。

(《准绳》曰:凡风痹偏枯,未有不因真气不周而病者也,治之不用黄芪为君,人参、归、芍为臣,防风、桂枝、钩藤、荆沥、姜汁、韭汁、葛汁、梨汁、乳汁之属为佐。
(《準縄》に曰く:凡そ風痺し偏枯し,未だ真気に因らず周らず有りて病む者なり,之を治すに黄蓍を用ひず君と為す,人参、帰、芍は臣と為す,防風、桂枝、鈎藤、荊瀝、姜汁、韭汁、葛汁、梨汁、乳汁の属は佐と為す。

而徒杂杏乎乌、附、羌、独以涸营而耗卫,如此死者,医杀之也。)
而るに徒ムダに雑サマざま杏を烏にと、附、羌、独は以て営を涸して衛を耗し,此に死す者の如きは,医が之を殺すなりと。)
2018-04-25

新車が来ない

 もう注文してから2か月になるのに、ディーラーからは音沙汰なし。金もとっくに振り込んだのに、これじゃあオレオレ詐欺と同じじゃないと、ついに女房も切れて担当者に食って掛かった。

「もう取り消す、お金返して、別のメーカーの車購入するから」と言いたかったらしい。そこは大人の世界。ぐっとこらえて、今工場からどこまで来ているの、と聞いた。

時間がかかる場合、心理としてどのような状況になっているかわかると少しは待てるんだよな。音沙汰なしっていうのが最悪だ。

どうやら25日か26日には工場から水戸に搬送されるらしい。そしてドライブレコーダーやETCなどを取り付けて5月の連休前にはできる予定だと。

連休には孫たちも遊びに来るのに、代車の代車軽自動車じゃどこにも行けない。あくまで予定は未定だからな。辛抱強く待つしかない。間に合わなかったらリムジンでも借りてこいって言うか。
2018-04-25

大人の休日俱楽部

 申し込んでおいたIR「大人の休日俱楽部」のICカードが届いた。荒川先生に使うときの注意点も聞いた。カードは2種類入っていてICカードのほかに委任状代わりになる紙製の、とは言っても保険証カードと同様なしっかりしたものだ。

女房と夫婦で入ったので、旅行に行く切符を夫婦で割引購入する場合、相方の委任状カードを提示しなければ売ってくれないそうだ。

だから夫婦お互いの委任状カードを交換して持っていれば夫婦の切符が同時に3割引きで購入できるというわけだ。

ちょっとした小旅行でも、夫婦で行くと交通費が10万円を超えるだろう。その3割の値引きは大きい。その浮いた分で豪華な食事ができるってもんだ。

と言われ入った。まだ利点はあるらしい。ポイントが貯まるらしい。ポイントと言えば、先日女房がガソリンを給油するのにエネオスカードのポイントを使いますかと表示された。それで使うと押したら今回のガソリン代がたった46円だか43円だかぐらいで済んだと喜んでいた。

そうだよな、使い方わからなくて、毎月何百ポイント失効しますと封書で来ていたもんな。もう今の時代ポイント=現金ということなんだ。

こういった面倒なことは常に放りっぱなしにしている。時々見かねた仲間内に指導される。柔道と同じだな。有効、技あり、1本!と。俺なんか常に場外で試合しているようなものだ。
2018-04-25

春の嵐

 昨夜より降り始めた雨は、南西低気圧前線から伸びたもので、南強風を伴い大気が不安定だ。これから雷も鳴るという。

夕べ日立薬剤師会理事会があった。雨模様で夜なので行くのよそうかと思っていたら、会長から連絡が入り今夜渡す市役所からの書類があるので出席してくれと念を押されてしまった。

こちらの考えを察したのかな。気配を消すっていうのは大変だ。高齢者政策審議会の薬剤師会代表として継続をお願いしたいということだった。

もうすでに10年以上やっているので、もうそろそろ降りてもよかろうと数年前より考えていた。だけどタイミング悪く、中期3年計画の初年度に昨年より突入し、引退する時期を逸してしまった。

ちょうどいい機会と思っていた矢先に、所属する計画部会の会長が体調を壊し代理で3年計画の音頭をとる羽目になってしまったからだ。

ここでヘッドになった俺が辞めては、事務局の市役所職員も配置換えで変わったばかりなので四苦八苦している。しゃあない老体に鞭打って今期の計画ができるまで継続することにした。

医師会などでは会長が出てくるのだが、薬剤師会長は当て職が多くかわいそうだ。それで申請書類も丸投げしてもらい提出した。

 今日は水戸の医師会で県学校保健会の監査がある。嵐なので行きたくないが、あと一人の監査に悪い。無理しても出張しよう。どうせ嵐で患者も客も来ないだろうし。
2018-04-25

蠲痺湯②・成方切用・巻6上・袪風門

嘉言曰:难相类,实有不同。
嘉言曰く:相ひ類する難し,実は不同有り。

风则阳先受之,痹则阴先受之尔。
風すれば則ち陽が先に之を受け,痺すれば則ち陰が先に之を受くるのみ。

致痹之因,曰风,曰寒,曰湿,互相杂和,非可分属。
痺に致す因は,風と曰ひ,寒と曰ひ,湿と曰ひ,互ひに相ひ雑し和し,属に分けるべきに非ず。

但以风气胜者为行痹,风性善行故也。
但だ風を以て気に勝る者は行痺と為す,風の性は善く行る故へなり。

以寒气胜者为痛痹,寒主收急故也。
寒を以て気に勝る者は痛痺と為す,寒は急ぎ収オサむを主る故へなり。

以湿气胜者为着痹,湿主重滞故也。)
湿を以て気に勝る者は着痺と為す,湿は重く滞するを主る故へなり。)

黄芪(蜜炙) 当归(酒洗) 赤芍(酒炒) 羌活 防风 甘草(炙) 片子姜黄(酒炒) 加姜、枣煎。
黄蓍
(蜜にて炙る) 当帰(酒にて洗ふ) 赤芍(酒にて炒む) 羌活 防風 甘草(炙る) 片子姜黄(酒にて炒む) 姜、棗を加へて煎ず。
2018-04-24

ハナイカダ

 調べてみたら、いっぱい出ていた。種類も多い。

 ハナイカダ(花筏、Helwingia japonica)はモチノキ目に属する落葉低木。別名、ヨメノナミダ(嫁の涙)。北海道南部以南の森林に自生する。葉の上に花が咲くのが特徴である。

嫁の涙とは、よく命名したものだ。

クロンキスト体系ではミズキ科に分類されていた。
ハナミズキと親戚なのかな。

ネットによる説明では
落葉性の低木で、高さは2m程度、太くはならない。若い枝は緑色で無毛、あまり木質でない。葉は互生、楕円形で長さ6-12cm、楕円形で浅い緑色で柔らかい。その縁は低い鋸歯になっており、それぞれの先端が少し突き出す。
雌雄異株。花は淡緑色で、子房下位、花弁は3-4枚。春に葉の中央に1-2個(雌花)または数個(雄花)の花が咲く。果実は黒い液果で種子を2-4個含む。この液果は甘味があり食べられる。

目:モチノキ目 Aquifoliales
科:ハナイカダ科 Helwingiaceae
属:ハナイカダ属 Helwingia
種:ハナイカダ H. japonica
2018-04-24

不思議な花

KIMG0693_ KIMG0691.jpg クリックすると拡大して見られます。

 お客さんが不思議な花を持ってきてくれた。葉の上に小さな花がくっついている。これが花だという。

単に葉だけを持って来たのかなと思ったら、虫眼鏡で拡大して見ると小さな小さな地味な花がくっついている。

葉脈の上に咲いているのもあるし、ちょっとずれた葉の上にくっついているのもある。ほぼ葉の中心についている。

何とかと名前を言っていたが、忘れた。このお客さんは自分ちで咲いた花を季節毎に持って来てくれる。先週、チューリップの花束を持って来てくれたばかりだったのに。

相当広い庭をもっているんだろうな。うらやましい。今回の植物は初めて見た。植物学的法則を無視した形となっている。

咲いた後、種はどのように出来るのだろう。何のためにこのような形状になったのだろう。受粉は蟻にでもやってもらうのかな。蜜らしきものが出ている。雄花と雌花の別があるのだろうか。謎は深まるばかりだ。
2018-04-24

蠲痺湯①・成方切用・巻6上・袪風門

蠲痹汤(严氏)
蠲痺湯(厳氏)

治中风身体烦痛,项背拘急,手足冷痹,腰膝沉重,举动艰难。
中風の身体煩痛し,項背拘急,手足冷痺,腰膝沈重,挙動が艱難するを治す。

(诸证皆因营卫虚而风湿干之也。
(諸証は皆な営衛虚すに因て風湿は之を乾すなり。

《经》曰:营虚则不仁,卫虚则不用。
《経》に曰く:営虚すれば則ち不仁す,衛虚すれば則ち不用す。

不仁,皮肤不知痛痒也。
不仁とは,皮膚の痛み痒みを知らざるなり。

不用,手足不能运动也。
不用とは,手足の運動を能はざるなり。

岐伯曰:中风大法有四,一曰偏枯,半身不遂也。
岐伯曰く:中風の大法に四有り,一に曰く偏枯し,半身不遂なり。

二曰风痱。
二に曰く風痱す。(痱:小さい腫れ物)

身无疼痛,四肢不收也。
身に疼痛無く,四肢は収まらざるなり。

三曰风癔,奄忽不知人也。
三に曰く風癔フウイす,奄忽アンフツとして人を知らざるなり。(?:ヒステリー)(奄忽:瞬く間に)

四曰风痹,诸痹类风状也。
四に曰く風痺す,諸モロもろの痺類は風状なり。
2018-04-23

資料整理

 漢方の資料を整理していたら1日が終わってしまった。店に段ボール箱に手提げに小分けして大雑把に保管している。しかし資料を出したり、続きを勉強しようとすると雑多になっているのでなかなかうまく捗らない。

箱は素問関係、秦伯未関係、成方切用関係、淮南子関係等々と分けている。その他、方剤学関連、中医臨床関連、医案関連と分けている。

若い頃は、傷寒論、金匱要略を中心として、古典は内経知要や医方集解を勉強し、資料を集めていた。最近は方剤でも類症の本や、中薬の薬対の本なども山積みして調べている。

当然語句を調べるのに諸橋、廣漢和等々を拡大コピーして使っている。そのため、資料が本当に雑多となりどのように整理してよいのかわからなくなる。理解した資料は捨てればいいのだが、捨てようとして、この関連語句は何が目的で調べたんだっけと、手が止まり進まなくなる。

だめだなあ。師匠に言われたのは、アウトプットを想定してインプットしろと言われたんだけど。箪笥の奥にしまったままではいけない、引き出しを多く持ってどこからでも引き出せるようにしないとと。

それには硬い頭を柔軟にしろと。映画を見て落語を聞いて、本を読んでいろいろなアンテナを伸ばしておかなければならないよとも言われた。

仲間内には、ともかく月に2回は浅草でうまいものを食べるのが一番だよと言われた。あー牛シチュー、スキヤキ、串カツ、ロシア料理、日本ソバ、豆寒…飲むより食い気だな。腹減ってきた。
2018-04-23

意思統一

 日曜午前中に県薬剤師部会幹事会が開かれた。これは以前の県学校薬剤師会の支部長会議に相当するものだ。

学薬が薬剤師会に吸収されるようになり、事業も薬剤師会理事会を通さないと自由に使えなくなった。とは言ってもそっくり県学薬組織が吸収された形で残余繰越金なども寄付という形になったので、ある程度今まで通りに使える。

そうは言っても暴走してはいけないと県薬のお目付役が付いている。俺が副部会長をやっていた時から、会長がこの事業は今まででよかっぺ、あとで協議すっぺというと、県薬からの担当者は、ダメです。

きっちり計画を出してくれないと県薬理事会が通りませんと。うちゃしくなったもんだなとぶつぶつ言いながら三役会や幹事会をこなしてきた。

今年は俺が辞任し、幹事に残れとされたので、いぃなりの幹事会だった。支部長や幹事など20数名の会議だった。相変わらず地域による温度差が大きく意見がバラバラだった。

県単位で集合する幹事会は、それぞれの支部で行っている事業の方向や姿勢を発表したり、困っていることを他の支部ではどうしているのか聞くことが大事だ。
色んな方法を執行部で助言しながら会議は進んだ。事業はほぼ今までと動揺にやることになった。まずまずの会議で終了した。こういった会議は意思統一をすこしでも図ることが大事だ。

相変わらず、執行部におんぶにだっこや、資料をあれくれこれくれなどと言う輩もいたが、事務局お目付役が軽くいなしていた。たいしたものだ。

終了後、日立支部会長から、日立学薬総会の時に学校保健法改正の内容を」報告してくれと念を押された。必要なら資料を作成するよと言ったくれた。

資料はもうすでに作成し、冊子に印刷制作が済んでいるから大丈夫だよと言って帰ってきた。総会は先の日程なので持って行くのを忘れないようにしよう。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com