2018-07-19

県薬遅い!

 県薬HP会員向けに、平成30年度調剤報酬改定等関連資料がアップされた。7月一杯までに保健所に更新届けと一緒に諸々の資料を書かなければならない。

また厚生局へも提出しなければならない。茨城県薬剤師会では、会員にわかりやすいように資料や書き方などの提案をしている。最近はお上からの通知が出るまでの期間が少なく間に合わないんじゃないかと思うこともある。

今回、添付資料を付けて保健所へ提出したら、県薬でひな形が丁寧に載っているので、それに沿って手順書を改訂しておきなさいねと言われた。そう言えば実情に合わせて改訂したのは平成29年で、安全管理などは平成26年から改訂していなかった。

更新書が出来たら、薬局監査に行きますから、県薬の資料を基に整備しておいてくださいねと釘を刺された。そう聞いて、県薬でアップしたことが判った。俺が見た時はまだだったのにな。

薬局も特掲などの多様化によって、例題を対応させるのが大変でアップしないのかと思っていた。帰って見てみると、詳細にわたってきめ細かく丁寧に書かれているではないか。大変失礼した。

俺が独自に添付した書類も、大雑把であることが判った。また指導がはいりそうだな。柔道みたいに提出すれば「ゆうこう!」と言ってくれないものかな。あーあ、また仕事が増えた。
2018-07-19

当帰四逆湯・成方切用・巻6下・去寒門

当归四逆汤(仲景)
当帰四逆湯(仲景)

治厥阴伤寒。
厥陰傷寒を治す。

手足厥寒,脉细欲绝。
手足厥寒し,脈細にして絶へんと欲す。

当归 桂枝 芍药 细辛
(三两) 甘草(炙) 通草(即木通,二两) 大枣(二十五枚)
当帰 桂枝 芍薬 細辛(三両) 甘草(炙る) 通草(即ち木通,二両) 大棗(二十五枚)

仲景又曰:其人素有久寒者,加吴茱萸二升、生姜半斤、酒六升,和煮,名四逆加吴茱萸生姜汤。
仲景又た曰く:其の人素もと久寒有る者には,呉茱萸二升、生姜半斤、酒六升を加へ,煮て和し,四逆加呉茱萸生姜湯と名づく。

四逆之名多矣,而有因寒因热之不同。
四逆の名多きや,而るに寒に因り熱に因り有り之は同じうせず。

此则因风寒中血脉而逆,故以当归辛温血中之气药为君;
此れ則らば風寒に因り血脈に中りて逆す,故に当帰の辛温を以て血中の気薬を君と為す;

通脉散逆,必先去血中之邪,故以桂枝散太阳血分之风,细辛散少阴血分之寒为辅;
脈を通じ逆を散ず,必ず先ず血中の邪を去る,故に桂枝を以て太陽血分の風を散じ,細辛にて少陰血分の寒を散じ輔と為す;

未有营卫不和而脉能通者,故以芍药、甘草、大枣调和营卫;
未だ営衛の不和有らずして脈能く通ずる者は,故に以て芍薬、甘草、大棗にて営衛を調和す;

通草利九窍,通血脉关节,诸药藉之以破阻滞,而厥寒散矣。
通草は九竅を利し,血脈関節を通ず,諸薬の藉は之れ阻滞を破るを以て,而るに厥寒を散ずるや。
2018-07-18

四逆湯⑥・成方切用・巻6下・去寒門

俟厥愈足温,重与芍药甘草汤(各四两)以和阴,
厥を俟マち足温みて愈イゆ,重きには芍薬甘草湯
(各四両)を与へ以て陰を和す,

(虑辛热伤阴,随与此汤和阴,以复其津液。
(辛熱傷陰を慮カンガへるに,此の湯を与へ陰を和すに随し,以て其の津液を復す。

证虽邻于少阴,而不敢用四逆。)
証は少陰に隣すと雖も,而るに敢へて四逆を用ひず。)(不2敢1…:否定の強調 あへテ…ず。決して…ない。)

其脚即伸;
其の脚即ち伸ぶ;

除甘草,加葱白四茎,名白通汤;
甘草を除き,葱白四茎を加へ,白通湯と名づく;

(复阳通脉。)
(陽を復し脈を通ず。)

加吴茱萸,名茱萸四逆汤,治少阴厥阴腹痛;
呉茱萸を加へ,茱萸四逆湯と名づく,少陰厥陰の腹痛を治す;

加当归、木通,名当归四逆汤,治感寒手足厥冷,脉细微绝,及寒疝脐下冷,引腰胯痛;
当帰、木通を加へ,当帰四逆湯と名づく,寒に感じ手足厥冷し,脈細微にして絶へ,及び寒疝し臍下冷へ,腰に引き胯痛すを治す;

(寒伤营血,故加当归,木通能通血脉。
(寒は営血を傷る,故に当帰を加ふ,木通は能く血脈を通ず。

仲景当归四逆汤见后。)
仲景の当帰四逆湯の後を見よ。)

加茵陈,名茵陈四逆汤,治阴黄;
茵陳を加へ,茵陳四逆湯と名づく,陰黄を治す;

加生脉散、陈皮,名回阳返本汤,治阴盛格阳;
生脈散、陳皮を加へ,回陽返本湯と名づく,陰盛格陽を治す;

加官桂、良姜、半夏,名浆水散
(洁古),治虚寒水泻,冷汗,脉微,甚者呕吐,此为急病。
官桂、良姜、半夏を加へ,漿水散(
潔古)と名づく,虚寒水瀉,冷汗,脈微,甚しき者は嘔吐すを治す,此れ急病と為す。
2018-07-17

熱中症

 愛知・豊田市の小学校で17日正午前、小学1年生の男の子が熱中症の疑いで救急搬送されたが、その後、死亡した。とんでもないことだ。この暑さの中、校外学習をやって、学校へ帰ってきて気を失いそのまま死亡したという。

帰りにその子は疲れた疲れたと言っていたので、先生が手を引いて帰ってきたという。校長は青ざめてて申し訳ないと記者会見していた。

気象庁で熱中症になりやすいので、表に出ないようにと注意を喚起していたのだが、学校として甘く見て行事を優先させたことは非難されても仕方ないだろう。

それにしても本人がSOSを出していたのに、急ぎおんぶでもして帰るか、その場で救急搬送をするなどという判断はできなかったのだろうか。10分でも5分でも適切な処置をすれば命は繋げたはずだ。

 是非、教職員にも救急救命の講習を義務づけて欲しいものだ。我々薬剤師会でも初級だけであるが救急救命の講習を受けて資格を持っている。いくらAEDを増やしても、エピペンの使い方を知っても、現場での的確な判断ができないといけないのではないか。

薬剤師会でも再講習をすべきだな。教育委員会と共同で講習会をするようにしたいな。実際に俺が講習を受けて人工呼吸をしたのは、母が危篤になった時だけだからな。助からなかったけど。
2018-07-17

間違えた

 今日、介護認定審査会があると思い、しっかり予習をしておいた。なのに、スケジュールを再確認したら一週間早かった。市の介護課からは、丁度一週間前に資料を送付してくる。

今回も一週間前に資料が送付されてぃたので、一週間後の本日が認定診査日と思い込んでいた。女房も汗だくで行ってはいけないと、シャツもズボンも用意しておいてくれたのに。馬鹿なことをしてしまった。

どうも市では連休があったので、確実に一週間前に届くよう、二週間前に送付したみたいだ。仕事のルーチンが週間単位で動いているんだな。民間企業なら数日単位でずらせばいいことを、役所は仕事が堅いというか融通性が皆無だ。

まあそのおかげで予習が済んでいるので、気が楽だ。思い出した、7月3日に行ったプール検査の結果がまだ来ていない。ぐずぐずしていると24日の二回目の検査日になってしまうぞ。

検査に学校へ行って、前回のデータはまだなんですかと校長に聞かれたらどうするんだよ。その時には教育委員会の仕事が遅いからですからと答えるしかないな。どうもうまく物事がまわらなくて困ったものだ。
2018-07-17

暑いさなかの勉強会

 茨城小太郎協力会に水戸へ出かけた。一番暑いさまかの移動でいくらクーラーが効いているとは言えぐったりしてしまった。水戸終点なので、階段あがるのも暑くてやだなと、エスカレーターへ向かおうとしたら、どこ行くのこっちだよと強制的に声をかけられた。

仲間の石岡のYちゃんだった。つかれれるからエスカレーターに・・とも恥ずかしくて言えず階段こっちだったなととぼけたふりして上がった。ぼけるには早いよと笑われた。

本日の講演は土浦にU君だった。やる内容を前もって知っていたので、関連する資料を集め予習しておいた。彼の切り口は、いつも面白くユニークなので楽しみにしている。もう一人、欠席だったが古河のM君の講義もおもしろい。

茨城小太郎協力会には大御所J先生がバックに付いていてアドバイスをくれているのでとても楽しい。体調が良くないせいか、今回は休みだった。9月に小太郎の特別講演をやるから体調を整えているのだろう。メーカーには、あんまり兄弟子を引っ張り回すなと常々言っている。

全国大会レベルの講演には、70代以上の講師を使わず、もっと若手の切れの良い講師を引き上げ育てろよと言いたいものだ。

 そうそう水戸のU夫婦もめずらしく二人揃って出てきた。二次会でゆっくり話しようと思っていたらデートで逃げられてしまった。残念。
2018-07-17

未明の地震

 午前4時に震度4の地震で起こされた。もうWカップ中継が終わったのに起こしてくれなくともいいのに・・たいしたことないや・・むにゃむにゃ・・・と又深い眠りにつき、10分後に起きた日立沖の余震震度3にはすっかり気ずかず今朝のニュースで知った。

日立でエレベーターが止まった報道をしていたが、あんな時間帯にエレベーターを使用している人もいるんだ。ビジネスホテルかな。甥っ子がNHK報道カメラマン兼記者をやっているので、きっと慌てて起きて取材しているんだろうなと想像した。職業柄24時間体制は大変だ。
2018-07-17

四逆湯⑤・成方切用・巻6下・去寒門

加人参一两,名四逆加人参汤,治恶寒,脉微,复利,利止亡血;
人参一両を加へ,四逆加人参湯と名づく,悪寒,脈微,腹利,利止みて亡血すを治す;

(利虽止而津液巳竭,故云亡血。)
(利が止むと雖も津液は巳に竭ツき,故に亡血すと云ふ。)

再加茯苓六两,名茯苓四逆汤,治汗下后,病不解而烦躁;
再び茯苓六両を加へ,茯苓四逆湯と名づく,汗下後に,病解せずして煩躁すを治す;

去干姜,加芍药三两,名芍药甘草附子汤,治伤寒发汗不解,反恶寒者,虚故也;
乾姜を去り,芍薬三両を加へ,芍薬甘草附子湯と名づく,傷寒発汗解せず,反て悪寒する者を治す,虚するが故なり;

(《百问》曰:汗后恶寒人必虚,下后发热人必实。)
(《百問》に曰く:汗したる後に悪寒する人は必ず虚す,下したる後に発熱する人は必ず実す。)

除附子,用甘草四两,干姜二两,名甘草干姜汤,治伤寒脉浮自汗,小便数,微恶寒,脚挛急,用桂枝汤误攻其表,得之便厥,咽中干,烦躁吐逆,与此汤以复其阳,
附子を除き,甘草四両,乾姜二両を用ひ,甘草乾姜湯と名づく,傷寒にて脈浮自汗し,小便数,微悪寒し,脚攣急すを治す,桂枝湯を用ひ其の表を誤り攻め,之を得て便ち厥し,咽中乾き,煩躁吐逆す,此の湯を与へ以て其の陽を復し


(脉浮自汗,便数,恶寒,阳不足也,攻表重虚其阳,得之便厥。
(脈浮自汗,便数,悪寒は,陽の不足なり,表を攻め其の陽が虚すに重し,之を得て便ち厥す。

故与甘草益气,干姜助阳。)
故に甘草の益気を与へ,乾姜にて陽を助タスく。)
2018-07-16

四逆湯④・成方切用・巻6下・去寒門

仲景云:伤寒,医下之,续得下利清谷,腹满身痛者,急当救里,宜四逆汤;
仲景云ふ:傷寒にて,医が之を下し,続けて下利清谷を得,腹満身痛する者は,急ぎ当に裏を救ふべし,四逆湯に宜し;

清便自调,身痛者,急当救表,宜桂枝汤。
清便自ら調トトノひ,身痛する者は,急ぎ当に表を救ふべし,桂枝湯に宜し。

盖身痛尚属表证,急则先救里而后解表也。
蓋し身痛は尚ほ表証に属し,急がば則ち先ず裏を救ひて後に表を解するなり。

《厥阴篇》曰:大汗出,热不去,内拘急,四肢痛,又下利厥逆而恶寒者,四逆汤主之。
《厥陰篇》に曰く:大汗出て,熱去らず,内に拘急し,四肢痛み,又た下利厥逆して悪寒する者には,四逆湯之を主る。

按:厥阴证下利谵语,有燥屎,脉沉疾,按之有力者,为阳厥,只宜下以小承气汤;
按ずるに:厥陰証にて下利譫語し,燥屎有り,脈沈疾,之を按じて力有る者は,陽厥と為す,只だ宜しく小承気湯を以て下すべし;

如脉沉迟,按之无力者,则为阴厥,宜四逆汤,更须速灸之。
如し脈沈遅にて,之を按じ無力の者は,則ち陰厥と為し,宜しく四逆湯にすべし,更に須べからく速く之に灸す。

凡传经热邪,则为阳厥,溺赤而喜冷饮;
凡そ熱邪が伝経せば,則ち陽厥と為す,溺赤して冷飲を喜ぶ;

直中真寒,则为阴厥,阴缩而喜饮热汤。
真寒を直中せば,則ち陰厥と為す,陰縮チヂみて熱湯を喜飲す。

《经》曰:凡阴阳不相顺接,便为厥,手足逆冷是也。
《経》に曰く:凡そ陰陽が相ひ順接せずんば,便ち厥と為す,手足の逆冷が是れなり。

三阴三阳之脉,俱相接于手足。
三陰三陽の脈,倶に手足に相ひ接す。

阴主寒,阳主热,阳气内陷,不与阴气相顺接,则手足逆冷。)
陰は寒を主り,陽は熱を主る,陽気内陥せば,陰気相ひ順接を与へず,則ち手足逆冷す。)
2018-07-15

iPhoneのマナーモード

 iPhoneX。ナビを使っても音が出ないし、着信があっても鳴らない。おかしいな。マナーモードになっているのかなと設定でマナーモードを外した。それでも音はしない。

着信でバイブを併用しているので、気づいた時にサイドにある音量を押してアップして使っている。iPhoneXってこんなにも不便なのか。今日たまたま来たJWEBのお兄さんと話していたら、マナーモードの切り替えは脇のレバーで操作し、オレンジ色になっていればONなんですよと教えてくれた。

なるほど、オレンジ色になっていた。しかし押しても強く押しても色は変わらない。不良品か。あのう、それ押すのではなく、爪でずらすんです。と言われ、はは、押しても駄目なら引いて見ろなんだねと解除できた。

本体に付いているボタンは少ないんだから、そのぐらいの説明しろよな、au。別の料金体系ばかり時間をかけやがって。JWEBのお兄さんは、JWEBに入れば、インターネットやスマホ、iPhoneなどのコーディネーターもしてあげますよと言ってくれた。

そうだよな、通信会社の敷居が低くなったので、どれだけ異業種のコーディネーターができるかが営業を勝ち抜く技だよな。営業がうまい。痒いところを掻いてくれる。来週また相談にきてくれる約束をし名刺をもらった。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com