FC2ブログ
2018-06-29

日立市薬剤師会総会

 夜にWカップ日本vsポーランド(8位)があるので早く終わらせようという訳ではないが、順調に終わった。

業務報告の中で、市北部に薬局が少ないので、居宅訪問が足りなく要望になかなか応えられないと協力を要望していた。また休日夜間輪番制度も市内120名もの薬剤師がいるのに減って行ってしまい13薬局になってしまったと嘆いていた。

社会奉仕の意識を持って是非参加して欲しいと耳の痛いことを言ってた。実は長年やっていたのだが、昨年から歳に勝てず止めさせてもらったんだ。ごめんね。

総会出席人数は年々少なくなり、出席が16名と理事会と同じようになってしまった。委任状は70枚来ているので過半数61名を上回っているからいいものの、もっと魅力有る会にしなければ遺憾と思う。
2018-05-16

介護審査会

 ルールが変わった。現任講習会で聞いた内容になるのかなと思ったら、そうでもない。新しいプログラムの変更で、うまくいけば審査会を通さないで単純かつ安定しているものはプログラム結果だけでOKということだったのに。

どうもプログラムの進捗状況が悪いのか、現状維持でしばらくやることになった。件数が減ると思ったのにな。今まで一回の審査会で35件から37件ほどこなしている。

このまま行けば40回を超えそうだ。ただ有効期間が最長24ヶ月だったものを36ヶ月に条件付きで延長できるというのは有効になった。

政府中央がトップダウンで、こうしろということではなく、政府の示した内容の範疇で各市町村が判定の基準を決めることになった。

それで日立方式というやりかたの説明があった。基本的には政府が新たな方向性を示すまでは現状維持だ。ただ4月から有効になった期間延長は、介護度の重く、長期安定のものに限って採用しようということになった。

他の水戸やつくば、土浦などとの比較も示された。けっこう県内でも判定にばらつきがある。これは税収の多少と介護サービスの違いによってある程度仕方ない。

しかし、政府が地方自治体に税収を丸投げしている状況では、益々格差が大きくなってしまうだろう。手厚く介護を利用してもらうために審査会ではなるべく皆の意見を聞いているが、件数が増えてしまうと状況の見落としも出てきてしまう。

夕べの審査会は、こういった訳で時間がかかってしまった。ここのところずーっと司会をやらされている。今度交代制にしようと提案してみるかな。
2018-04-25

春の嵐

 昨夜より降り始めた雨は、南西低気圧前線から伸びたもので、南強風を伴い大気が不安定だ。これから雷も鳴るという。

夕べ日立薬剤師会理事会があった。雨模様で夜なので行くのよそうかと思っていたら、会長から連絡が入り今夜渡す市役所からの書類があるので出席してくれと念を押されてしまった。

こちらの考えを察したのかな。気配を消すっていうのは大変だ。高齢者政策審議会の薬剤師会代表として継続をお願いしたいということだった。

もうすでに10年以上やっているので、もうそろそろ降りてもよかろうと数年前より考えていた。だけどタイミング悪く、中期3年計画の初年度に昨年より突入し、引退する時期を逸してしまった。

ちょうどいい機会と思っていた矢先に、所属する計画部会の会長が体調を壊し代理で3年計画の音頭をとる羽目になってしまったからだ。

ここでヘッドになった俺が辞めては、事務局の市役所職員も配置換えで変わったばかりなので四苦八苦している。しゃあない老体に鞭打って今期の計画ができるまで継続することにした。

医師会などでは会長が出てくるのだが、薬剤師会長は当て職が多くかわいそうだ。それで申請書類も丸投げしてもらい提出した。

 今日は水戸の医師会で県学校保健会の監査がある。嵐なので行きたくないが、あと一人の監査に悪い。無理しても出張しよう。どうせ嵐で患者も客も来ないだろうし。
2018-02-21

消防本部にて

 高齢者推進会議を日立消防本部講堂でやってきた。今年度最後の会議でしたので前回みたいに指名して意見を述べさせるのは止めて自由に語ってもらった。

会議に詳しい市会議員委員が、大事な質問をほとんどしてくれたので助かった。途中から意見が出なくなったので俺みずから介護認定審査会などで感じた意見を話した。市民代表委員も同調し再び活発な意見交換ができた。

 続いての全体会まで机移動など準備のためロビーで待機した。けっこう色々な防災や消防に関するコンピューターを動作して紹介する装置がいっぱいあった。残念ながら電源が入っていなく動作させられなかった。

全体会は委員長が医師会会長なので、さすがにスムーズに進行し早めに終了できた。夕方からの介護認定審査会まで時間があったので一度店に戻り営業をした。

 介護審査会では司会だったが、件数が少ないこともあって問題なく進められた。明日の水戸で開かれる現任講習会の会場変更の用紙ももらった。日立でやる勉強会と重なってしまったが、介護審査委員の方が薬剤師の人员が少ないので水戸に行くことにした。

日立の勉強会は保健所肝いりなので出ないとダメなのだが、同じ内容を後日北の方でやるのでそちらに出ることにした。たしか個別指導の現状についてだったかな。
2018-02-20

トリプルルヘッダー

 本日は午後から会議が2つ続いて店は休みとなる。昼過ぎに、高齢者政策審議会計画部会の審議会、その後高齢者政策審議会の全体会を行い、夕方から介護認定審査会を行う。

大変なことに、最初と最後の2つの会議で議長を務め議事進行をもしなければならない。高齢者の部会では部会長が体調を壊し長期休養に入っているので副部会長の俺がすべてやらなければならない。

でも、こちらは国会と同じで、事務方職員が原稿をある程度作成してくれているので、問題なければ大丈夫だ。介護審査会の方は俺の司会の番なので頭が痛い。特に介護度1の不安定な状況の場合へたすると要支援2になってしまう。理由がしっかり読み取ってやらなければならない。

認知度が2以上なら機械的に「理解が困難」の理由がつけられる。要支援に下がってしまうと、サービスを受ける頻度が下がってしまう。それより入所している施設の種類によっては出なければならなく責任重大だ。

だから介護認定審査会では、介護1の場合と非該当の自立のパターンが出されたコンピューター結果に時間をかけて慎重に読み取ってやらなければならない。

最近の介護認定審査会は、一回に25件と予習が少なくて助かっている。今までは35件から37件ぐらいだった。何回か多すぎると言いにくいことを当局に進言した。その結果で少なくなったのかなと思ったら違った。

前回事務局に聞いたら、来月からまた多くなると。最近はたまたま少なかったそうだ。季節的に上がって来るのが少ないことと、医師意見書を記入するのが流感などで忙しく遅れているからだそうだ。

医師会に意見しろよ、公務なんだからと言っても、それはちょっと言えないとの返答だった。仕方ないので、自分たちの合議体に出てくる医師に直接言っている。ドクター達は充分理解している。ただ忙しいのが半端じゃないみたいだ。会議中にもよく緊急連絡が入って病変の対処を指示していることがよくある。

大手総合病院の先生より、開業医の先生にもっとやってもらえよな。介護課長が医師会に言いにくいなら市長に言ってもらえよな。地方行政は難しいのだろうけど。だから我々が諮問機関として言いたい放題意見をしている。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com