2017-06-09

薬売買、身元確認を義務化

薬売買身元確認を義務化→jクリック拡大

 中間報告とは言え、薬売買で身元確認を義務化するのは乱暴な話ではないだろうか。どの段階で義務化するか、どの種類の薬をするのか。

今までに、毒劇物の使用目的、身元確認など一部義務づけられている。指定医薬品、一類医薬品等々は身元までは義務づけていられないが、説明、記帳はぎむづけられている。

それだけでも結構大変なのに、お客が求める医薬品全てに客の身元を確認するのかよ。記事でもあるように、ハーモニーなどの偽薬の件で防止策として打ち出されたのだろうが。

麻薬みたいに高価で危険な種類だけに限定してもらいたいものだ。また流通では問屋と薬局の間だけに限定してもらいたいものだ。

 また、原案によると店頭などで医薬品を開封した場合、開封者の名前を記載義務化するみたいだ。どこまでの開封を言っているのか、小分け販売における開封のことか、段ボール箱から小箱に開けた場合を言っているのか。

流通過程で義務づけられるが、名前は外箱にするのか帳面にするのか。客に小分けを求められる場合も流通過程に入るのか。

色々と疑問がいっぱい出てくる。日本薬剤師会で厚労省にもの申して欲しいものだ。骨抜きにしろとまでは言わないが「天網」にして欲しいものだ。本根はまた規則かよ、止めて欲しいな。
2016-11-29

保健所の監査

 昨日、月曜に保健所で監査に来た。薬局製剤で微少変更を提出した内容に誤りがあるので訂正印が欲しいと先週金曜に言われた。ちょうど薬の配達に行く前で、ついでに保健所に寄ると言ったのだが。

私が書類を持って行くと。ご足労かけては申し訳ないからと答えると、ついでに監査もやりたいからと言われた。ぎょぎょ、目的はそこか。

都合悪いのなら、週明けに行きますと言われてしまった。さあ大変だ。日曜は旅行が入っているし、時間がない。急ぎ土曜に見られるだろう書類とごじゃごじゃな調剤室の掃除をした。

月曜に、担当者でなく別の男の人が二人でやってきた。○○は別件で来られないので代わりに来ましたと。最初に、知事賞おめでとうございますと挨拶され、まいった。知事賞をもらったのに不備を指摘されると・・恥ずかしい。

でも、手順書は内容を見て、きちんと変更を変えているのですねと褒められた 。知事賞の威力かな。業務日誌はほとんど記入していなかったのだが、ちゃんと勉強会に行った記録がされていますねと最初の方だけ見て言ってくれた。

指摘されたのは、医薬品の販売方法を掲示しておかなければならないことと、要指示薬や一類医薬品のランクが変わったものの配置などだ。それと劇物の棚に表示が取れたままになっていること。

冷暗所の冷蔵庫に入っているものをチェックして行った。インシュリンの注射剤しか入っていない。他のものはと聞かれ、急配送で持ってきてもらうので原則冷暗所保存のものはほとんど置いてないと答えた。

毒薬も処方箋で出てから仕入れるので、現在余った半端のものは期限切れで処分したと話した。一類の向精神薬も同じ。FPは在庫していないのかと聞かれたが、今までに出たことがない。

あと、処方箋の受付枚数も聞かれた。薬局機能情報にあがっている回数では市内の薬局で門前以外はほぼ1500~2000枚程度だ。うちみたく桁違いで少ない所はほとんどない。公表しているのだから聞くことないのになあ。

そのうち、外人に対応する外国語をしゃべってくださいなんて言われるのではないか。俺んとこは英語は片言程度、中国語はiPadを通じての会話は可能と申請している。

そうそう、薬局製剤の許可証は掲示しているが、一覧を紛失してしまい、再発行できないか聞いた。帰って確認しますと。しばらくして電話があり、再発行はできないので探してくださいと言われてしまった。

追加の分はあるのだが、一番最初のものが見当たらない。震災の時に紛失してしまったのだろうか。その後に新たに全面変更でもらったような気もする。とにかく項目の写しはあるのだから、本物はどこかに紛れているのだろう。探すしかないな。

捜し物ばっかりしていると認知症になったのかと間違われる。必要な時に現れるだろうことを信じて気に留めておこう。コピー版は保健所で持っているんだから有料で再発行してくれてもいいのになあ。
2016-03-12

薬局情報

 薬局情報の位置情報を修正したはずなのに、保健所からこの件について連絡が入った。おかしいな間違いないはずだけど。そしたら、担当者はよく見ている。位置情報は修正していただきありがとうございますとお礼を言われた。

さらに、先日保健所にFAXをいただいたE-メールの変更が、反映されていませんので修正をお願いしますと言われた。そっか、自分で訂正しなくてはならないのか。というわけで修正した。厚生局では本当に細かい点を指摘されるのだが、保健所は割と親切かつ時々抜けていたりすることがある。現在の担当者は、真面目で仕事に抜け目がない。

もしやと思い、薬局位置情報が県庁になっていた数点の薬局を調べてみたら、全部修正されている。きっとそれぞれの薬局に訂正をお願いしたのだろう。一般市民の目からは、E-メール情報は見られない。個人情報として未公開の項目になっているのだろう。見えない所まで指摘してくるとは仕事に厳しい方だ。
2016-03-10

薬局機能情報

 昨年11月に更改した薬局機能情報で、一般市民から閲覧するのが見やすくなった。今まで申請した通りの様式でお役所文書的でわかりにくかったものが、市民目線で使いやすくなった。

それはいいことなのだが、位置情報が薬局の場所でなく県庁になっている薬局が多数ある。保健所でも指導して、自分の薬局の位置にするようにと言っている。デフォルトの位置緯度経度が県庁になっているためだ。

今月15日までに修正せよというお達しらしいので、あわてて自分の薬局の位置情報を見て修正した。修正のやり方は簡単だった。薬局機能情報にある薬局関係者の専用ボタンから入り、検索で薬局名を入れ、自分の薬局が出てきたらmapボタンを押し位置が県庁になっている場合は、自分の薬局の位置に表示地図をドラッグして、店の位置において誤差が出ないように表示を最大に拡大し、ダブルクリックし設定する。

細かい操作が、もっとあったような気がするが、まあ流れとしてこんなものだ。わからなければ保健所に聞いてくれ。女房の所はどうかなと一般市民の目で見たら、ちゃんと位置情報ができている。ふーん、教えてくれればいいのに。

仲間の薬局も興味津々見てみた。ひたち漢研のメンバーはどうかな。一軒を除いて皆ちゃんと位置情報ができていた。日立保健所管内では、まちまちであったので、たぶん担当者から連絡が行くだろう。

 市民が薬局の位置をサーチして、県庁にいったい何軒薬局が集中しているのかと笑ってしまう状態だったらしい。コンピューター社会になるとデフォルトを設定してしまうことがいかに怖ろしいことか分かった。デフォルトを入れないで「工事中」「未公開」とでも出るようにしておかないとね。

間違ったデータをそのままナビや他の情報に送られたら大変なことになる。ウイルスでない正規のデータとなっているので防ぎようもない。振り込め詐欺と違い、どこで責任を取らされるかわからない。やっぱり高くても個人情報保険に入っておくべきなのかなあ。
2016-01-08

新年の挨拶

 薬の配達から帰って」きて、やれやれと一息つけていたら、保健所でお兄さん二人で調剤室を見せてくださいと新年早々に挨拶にやってきた。麻薬小売業の許可証を受け取りましたかと言われ、昨日もらって掲げましたとタイミングよく答えた。

麻薬金庫の中を見たいので開けてください。はい。そう言ってオープンの手順を記載してある専用の電子手帳を持ち出しスイッチを入れた。ここでトラブった。SWが入らない。電池切れだろうと、電池を入れ替えたがうんともすんとも言わない。

テスターを持ち出しチェックしたが動作しない。おかしいな。保健所職員を待たせたまま格闘すること数十分、接触が悪いのかと接触復活スプレーをかけたがダメ。しびれを切らした保健所ではいくつか質問した後にあとで・・・と言い出そうとしたときに、待て、開かないと俺が困る。数年麻薬処方箋が出ていないが、今患者が持ってくるかも知れない。もう少し時間をくれと。

電子手帳を初期化のボタンを押して、も最終手段だったのだが動かない。しばらく考え込んだ。保健所では、別に紙かなにかに書いてないのですかと。ない。この電子手帳だけだ。困りましたねえ。うん困った。そしたら思い出した。電子手帳が動作しなかった万が一のために隠された場所に記載しておいたことを。

ただ目が悪くよく見えない。懐中電灯を照らし、ルーペを持って、保健所職員に書いてある秘密の重い物を持ってもらい、右にいくつ左にいくつと照らしながら読んで開けた。となればいいのだが開かない。よく見えないので数字会わせが間違えたのかも知れない。2~3度繰り返し、やっと開いた。中身を全て出し、チェックを開始したら電話が鳴り、どうぞ出てくださいというので、悪いねと言いながら出た。

間が悪い時に、漢方相談と漢方薬の説明と検査結果の意味を聞かれた。なるべく早く済ませようと要領よく話した。それでも数十分かかった。来てから1時間以上経過し、お昼も近くなり、一緒に昼飯でも食べに行こうかと提案しようとしたら、時間がないのか、残った質問事項をてきぱきと聞いてきてメモしさっさと帰って行った。

処方箋の枚数と、調剤済みの処方箋の閲覧。それと要指導医薬品、一類医薬品の帳簿、また店内の要指導医薬品、一類を扱っている旨の表示、等々と業務日誌のテックなどをてきぱきとしていった。午前中がつぶれてしまった。

本当に一緒に飯を食いに行きたかったのになあ。保健所職員の話をもっと聞きたかったのに。それでも少しだけ話してくれた。やはり職員は男でないと。女性では真面目過ぎてカードに次回修正すべき事をいっぱい書いてしまう。のぞき込んだらいっぱい書いてあった。それに沿って色々聞いてきたので手際よくできるんだ。前もって来る日を教えてくれれば和菓子などお土産を用意できるのになあ。

小中学校の家庭訪問でも日程時間を決めているから、お茶菓子を用意できるってものだ。今度保健所に行く時に饅頭でも差し入れに持って行くかな。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com