FC2ブログ
2018-11-15

無念

 ついに休場に追い込まれた。横綱の地位では、周りがこれ以上の負けがあっては困ると許してくれないのだろう。精神的により以上の精神的圧力がかかる。

でも、国民のほとんどが心底、頑張れよみがえれ稀勢の里と思っていることは事実だから。館内の応援を聞いても中継のアナウンサーの言葉を聞いても、近所のおばさん達の世間話でも皆、自分の親戚、いや子供みたいに心配している。

横綱稀勢の里のことは1月場所まで待ち、今場所は大関高安の応援にまわろう。初優勝を目指せ郷土力士高安!!
2018-11-14

なぜに勝てない

 稀勢の里、4連敗。日本中が一人横綱を応援している。内容は素晴らしいものだ。ただ勝ちの女神に見放されている。頑張れ、負けるな稀勢の里!!
2018-11-14

夕べの6号国道

 女房が北茨城から仕事帰りにいつものごとく帰路についていたら、高萩手前ですごい渋滞に巻き込まれ、全然動けないと連絡が入った。

いつもなら帰宅できている時間だ。まあ止まない雨は無いと同じだろうから、待つしかないだろう、諦めてゆっくり帰っておいでと答えた。

しばらくして、経過を報告してきた。国道にパトカーが横向きに封鎖していて、迂回路を山道へ行けと誘導していたと。何があったのかというと、橋から車が落ちた大事故があったらしい。

詳細はわからないが、普段通らない山道に入ったら迷ってしまい、ダムの方へ行ってしまったらしい。迷った連絡が入ったので、ナビで自宅へ帰るボタンを押して帰ってきてとアドバイスした。

午前様近くになって、疲れた疲れたと、帰ってきた。そういえば朝も、昨日分包機が故障したので、業者が直しに来るからと朝早く行ったのだった。そして、その日に限って同僚薬剤師が休みで、なおかついっぱいの一包化が入ったという。

そして帰りに数時間もかかれば、そりゃあ疲れるわな。ご苦労様です。でも今朝も遅刻しちゃうと元気いっぱいバタバタと出かけて行った。
2018-11-12

稀勢の里

 一人横綱で気合いが入り過ぎたのか、タイミング良く滑ったように負けてしまった。でも先場所より自信を持って前へ出ている。大丈夫であろう。

夜のスポーツニュースで解説する親方が「稽古は裏切らない」と言っていた。なかなか真面目な顔しておちゃめなことを言う。
2018-11-11

入管法改正

 風が吹けば桶屋がもうかる。入管法改正がなされば、薬剤師が苦しむ構図ができた。政府が国民健康保険など公的医療保険への外国人の加入条件を緩和してきたことから、医療目的で入国し、日本の健康保険を使って高額医療を格安で受けて帰国するケースが跡を絶たない。

 中国人に多いC型肝炎の治療では3か月の投与で500万円以上かかるハーボニーという薬を使うが、高額療養費制度を使えば月数万円で済んでしまう。差額は国民が支払う保険料や税金で穴埋めされる。早く手を打たなければ日本の医療保険制度が崩壊してしまう。

なんと心の狭いことを言っているんだと思われるが、職業上、押しつけというか、医療界のツケを薬剤師会に回す機構では黙っていられない。

これを許したのは民主党の野田佳彦政権だ。「3か月超」の在留資格を持つ者に国保加入が義務化された。その結果、3か月を超える留学ビザで入国したりして、影響が出ている。たとえば日本の不動産を購入して賃貸し、経営者ビザを取得して来日してすぐ日本の国保に加入し、治療を受けるといった不正が容易にできるようになった。

財政が厳しいから水道を売って金にしよう、人手不足だから外国人労働者を受け入れよう、と目先のことだけで法改正してしまう。政治家は与党も野党も、よく周りを見て考えろって言うものだ。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com