FC2ブログ
2019-03-19

眼科オペ(レーザー)

 本日第一段の眼科オペを済ませてきた。詳細のことはわからないが、昨日には葬式の疲れか、左目に飛蚊症のでかいシミが発生し見づらくてしゃあない。

眼科医に話すると、何回かの手術で取れるから心配ないよと言ってくれた。内科の薬も飲んでいるので、かかりつけの先生にも、こういうわけで網膜のレーザーと白内障のオペを3回にわけて実施すると報告しておいた。

内科医はどこの眼科で誰先生が執刀するのかと。答えたら、その先生は日本一だと言っていたので、眼科医によいしょして伝えたら笑っていた。

 本日のオペは、本格的オペの準備で、白内障手術の準備測定を変な機械を目にくっつけられて光線を放たれた。それから、両目の網膜にレザー治療するためのマーキングレーザーを右目左目と約30分にわたってやられた。

眼科医は、点眼で局所麻酔をしたものの、網膜には麻酔がかかっていないので多少重い痛みが出ますよと宣言した。なんだよ、直前になってからそんなこと言うなよ。それに動かないように看護師が後頭部を押さえ込んでいるし。

チリッチリッという音と供に直後にズシーンという重い痛みが出る。畑を耕すみたいに、網膜の周囲を止め、その後中を上下に往復しながら数百ヵ所にレーザーを当てた。痛みがひどく、所々では裂けるような痛みも出た。

はい、右目は終わりましたよと言われほっとしたのもつかの間、はい、今度は左目をやりますねと。左目は右目で経験したより痛みがでかい。当てられる度に黒い線がコの字や卍字のように出ては消える。また耐えられない痛みで吐き気も出てきた。我慢できなく、ついに小さい声で痛い痛いと言ったが看護師があたまを強く抑え動かないようにしただけだった。

せっかく眼科医に日本一だと伝えてよいしょしたのに、手心を加えることはなかった、くそっ。はい終わりましたと言い、痛みを察したのか、今日みたいに外来でやるオペは麻酔を点眼しかできないんです。

でも安心してください、二回目三回目の手術は入院してやりますので、網膜に局所麻酔をしてやりますから痛みはまったくありませんと。本当かなぁ。

あと、事務局で詳細な説明を聞くということになったが、両目の痛み、吐き気は続き、ほとんど女房に聞いてもらった。文字なんか見えねえし。帰りに手術保証人になってもらうべく、息子に会い一緒に食事をした。

その頃は痛みもやわらいだが、飯は半分ぐらいしか食えなかった。でも、左目の飛蚊症だか内出血したかの茶色の邪魔になる陰影は不思議と消えて無くなっていた。

網膜に炎症が起こるかもと言っていた。漢方弁証では火熱の邪なんだろうな、目の奥だから肝腎に配当するのだろう。すると基本方剤は肝腎陰虚の火熱を除去するということで知柏腎気丸ということになるかな。

ともかく活血化瘀薬も併用しなくては。

 ただ白内障のレンズ埋め込みはまだしていない。だから物が二重にみえたり、霧がかかっているのは取れていない。でも調子悪いときにでてくる望遠の「ケラレ」状態のギザギザは出なくなった。この「ケラレ」は痰湿邪と思い猪苓湯を続けていたのだが一進一退だった。これが今のところ一時的かもしれないが出ていない。

羞明というかまぶしさは、散瞳薬を使用したせいかひどくなった。これは散瞳薬の効果が数時間で消えればなくなるだろう。さすが眼科専門の病院で、おもしろそうな不思議な検査機械がいっぱいあった。いままでに10種類ぐらいのお世話になったかな。

時間があれば目的と作用を説明してほしかったな。ということで長い一日が終わった。
2019-03-13

限度額適用認定

 オペを行う費用として概算をして数十万円の自己負担がかかると病院で言われた。まだ前期高齢者にもなっていないので3割負担となる。

そうすると、3割で数十万ということは、たとえば30万円の自己負担なら、本体の医療費は100万円ぐらいかかるという計算だ。健康保険制度がなくては大変なことになる。

病院では、こんな補助制度もありますよと、表題の限度額適用認定証の利用説明が記載されている印刷物をくれた。知らないと丸々数十万円の3割自己負担金を払う所だった。

病院側としても、算術で言えば患者から取りっぱぐれのないように、親切心で広報しているのだろう。ありがたい。尚、実情として申請してからひと月ほど時間がかかるので、オペ前に申請した方がいいですよと忠告された。

げげっオペまで半月もないではないか。早速、市役所支所に申請をしに行った。窓口では、受付できるが郵送でのやりとりになるので時間がかかりますよと。ひと月はかかりませんよ、せいぜい1週間ぐらいかなと。

でも、本庁に行けばその場で発行してくれますよ。ただ、17時15分で業務終了となりますからねと。それじゃあ、18時から本庁で介護認定調査会議があるのでその前に早めに行って手続きします。ありがとうございます。

 と1時間の余裕を持って出かけたが、ものすごい渋滞で車列が全然動かない。なんじゃこれはと、地域FM局のニュースを聞いた。国道245号国分町で大きな事故があり全面通行止めになっていて、国道6号へ集中して麻痺していると流していた。

さらに、事故が大きかったので(道路か)補修に数時間通行禁止が続くと放送してた。しゃあないな、申請に間に合わなくても、介護審査会には間に合えばいいかと諦め境地でノロノロ運転していた。

市役所本庁の交差点にたどり着いたのが業務終了5分前だった。急ぎ駐車場に入り駆け込んだ。3分前だったが、親切な窓口お兄ちゃんが受け付けてくれた。

マイナンバーカードを提出し、住所氏名等々を申請書に書いて、本当にパソコン通じて2分もかからず、すぐ限度額適用認定証が印字されて出て来た。はいご苦労様、費用はかかりませんと言われ、説明の小冊子をもらって終了となった。あっけない。同時に業務終了のチャイムが鳴り、上からシャッターがゆっくり降りてきた。

介護審査会まで小1時間あるけれど、会議室に行ってようと3階まで上がった。ところがまだ鍵がかかっていた。どうしようと廊下にある自動販売機をながめていたら、奥から介護課の主任を先頭に3人職員おばさん達がやってきた。

あら、まだ誰も来ていないと思ったのに、今日はやけに早いですねと。タイミングがよかった。早速会議室に入り、コーヒーを入れてもらった。なんだかんだと色々あったが、すべてうまく行った。

 限度額適用認定では納税の区分によって補助金が変わる。ア~オまで区分され、住民税非課税の「オ」ランクでは最初の1回目から3回目まで自己負担金上限が35400円、4回目以降は24600円の限度額となっている。

一番上の「ア」ランクでは自己負担金が252600円と約7倍も払う仕組みとなっている。俺の場合は、上限が57600円だった。まあ節税のおかげで低目におさえられた。

後は、民間の医療保険や高度医療保険に加入しているので、入院手術でいくら降りるか連絡しておいた。保険屋が言うことには、支払いが終えてから領収書で監査すると。降りるとしても、立て替え払いになるんだ。

何か不備をいちゃもん付けて減額したり降りませんなんて言われないだろうな。保険のプロだから、小さな文字で書いてある定款を読んでおかなければなんねーのかな。目の手術なので読めるかってもんだ。
2019-03-10

ついにオペ

 眼科に行って来た。両眼とも手術するべきと云われ、右目を3日間、左目を3日間入院手術することになった。

白内障と黄斑変性症の網膜の手術を一気にやるという。網膜に当てるレーザーも片目1000ヵ所以上になるので炎症が起きるリスクがあると言われた。やだな。でもこのままでは失明すると。

うまく行けば、視力もアップして自動車免許の書換もできるよと、励まされてしまった。ここまで言われればやるしかない。手術の予約をした。費用も高額医療に相当するので、市に早く高額医療制度の申請をしなくては。

3割負担で、大雑把30万円ほどかかる見通しだ。まあ、事故るより安いと思わなければ。
2019-01-26

眼科

 水戸にある糖尿病の合併症で有名な眼科に行ってきた。地元日立の大病院眼科では匙を投げられてしまい、糖尿性黄斑変性症に詳しい先生がいるからと紹介状を書いてもらった。2~3ヶ月に一度診てもらっている。昨年からもう3回ほどになる。

病名は糖尿性黄斑変性症、網膜剥離、眼底出血、白内障に緑内障と検査する度に病名が増えてくる。最初は糖尿性黄斑変性症だけで視力も0.9と0.7だったが、現在は0.1と0.3と悪化している。

視力が落ちたのは白内障が悪化したことと眼圧が上がったぁらだと言われた。端的に言うと腎虚が進んだということだろう。補腎剤を補強しなくては。

 今までに水戸の眼科では3人の先生に診てもらった。今日の先生は糖尿性黄斑変性症んpことに詳しい先生で、前回の先生が振ってくれた。眼底の手術も視野に入れて、次回では造影剤を点滴しながら眼底の詳細な状態を見ると。

片方の眼底に出血した痕跡があると日立病院の眼科で言われたことがある。今回も出血の痕跡から新生血管が出来るとまた出血しやすく失明につながる恐れがあるからだと説明してくれた。

緑内障の視野は相当悪く、緑内障の点眼薬トラバタンスにもう一種類増やされた。白内障の方は、もしオペになることがあれば同時にやってしまうから問題無いと言われた。

 漢方に置き換えれば、基本は補腎と駆瘀血なのであろう。それに開竅剤を加味すればいい。現在は肝胃の清熱に大柴胡湯と痰飲利尿に猪苓湯、駆瘀血に血府逐瘀湯を服用している。補腎を増やさなければ。杞菊地黄丸か知柏地黄丸、又は洗肝明目湯、滋腎通耳湯、滋腎明目湯・・・どれにするかな。
2019-01-10

検診

 主治医医院へ今年初の検診に行ってきた。主治医に今年もよろしくお願いしますと先に言われてしまった。行く前に血糖値を測定したら、大幅に上昇していたので少し診てもらう日にちをずらそうかとも思った。

女房に、そんなことしたって、HbA1cですぐばれるよと言われてしまった。12月にかかったときに正月は血糖値や体重があがるから注意しろよと言われていた。

どうしよう。仕方ないんじゃないのと言われ覚悟を決めて出かけた。体重は0.3kg増えていた。血糖値もHbA1cも最近では最高値になっていた。血圧は150-40だったので、まあこんなもんだろう。血圧コントロールはいいねと、他の高値は注意するよう言っただけで済んだ。

きっと患者達がみんな正月料理で高値を示していたのだろう。そうは言っても摂生しなくては。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と5人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と5人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com