2018-02-17

血瘀について17

(3)瘫积:如《素问·举痛论》:“寒气客于小肠膜原之间,络血之中,血泣不得注于大经,血气稽留不得行,故宿昔而成积矣气。
③ 癥積 《素問・挙痛論》に「寒気小腸原の問、経血の中に客たれば、血泣して大経に注ぐことを得す、血気稽留して行ることを得ざるが故に宿昔して積となるなり」 とある

2018-02-17

桂枝加大黄湯②・成方切用・巻5下・表里門


赵嗣真曰:太阴腹痛有三,有次第传经之邪,有直入本经之邪,有下后内陷之邪。
趙嗣真曰く:太陰の腹痛に三有り,次第に経の邪が伝はる有り,本経の邪が直入する有り,下したる後に内陥の邪有り。

此腹满时痛,为下后内陷之邪,宜桂枝加芍药汤;
此れ腹満時に痛むは,下したる後の内陥の邪と為す,宜しく桂枝加芍薬湯にすべし;

大实痛者,桂枝加大黄汤。
大実痛する者は,桂枝加大黄湯にす。

设遇本经直入阴邪,腹满实痛,脉沉细者,宜急用四物、理中等以和之矣。
設し本経に直に陰邪が入るに遇アはば,腹満実痛し,脈沈細なる者は,宜しく急ぎ四物、理中等を用ひ以て之を和すや。

《经》又曰:太阴病脉弱,其人续自便利,设当行大黄、芍药者,宜减之。
《経》に又た曰く:太陰病脈弱は,其の人便自り続けて利す,設し当に大黄、芍薬を行く者は,宜しく之を減ずべし。

以胃气弱,易动故也。
胃気弱きを以て,動き易き故へなり。

以太阴为寒脏,其病多宜温而不宜下也。)
以て太陰は寒臓と為し,其の病多く宜しく温むべし而るに宜しく下すべからざるなり。)
2018-02-16

成方切用の進捗

 現在進行中の成方切用訓読はほぼ中間地点となった。今年いっぱいで終えることができるか微妙な所だ。あと2年ぐらいかかる気持ちでアップしていきましょう。

浮気心が強く、他の本も詳細に読みたかったり、症候鑑別も研究したく、コツコツと陰でやっている。今、載せている血瘀シリーズは、割と短く来月初めには連載終了となる。

新しいスキャナを入手したので、厚手の本を片っ端から読み込むというのはとても無理だ。少なくとも成方切用の底本は600ページ余りスキャナを終えた。後は訓読と辞書引き作業だ。

スキャンした成方切用をPDF化したら、78,566KBにもなってしまった。OCR化しリッチテキストにしたら387,414KBととてつもない大きさになった。うむ、感覚がわからん。メガバイトに変換したら387.33MBだ。ギガで言うと0.37GBだ。USBに入れても1GBの容量があれば充分に入るがそれにしてもでかい。

計算が面倒なのでネットでバイト変換を使っている。https://byte.yonelabo.com/

 単位変換すると微妙に数値が違うのは10進法ではないからだ。理論的にはキロバイト変換の計算方法は、「1ビットの8倍が1バイト。さらに、1バイトの1024倍が1キロバイト、1キロバイトの1024倍が 1メガバイト、1メガバイトの1024倍が1テラバイト。 逆は割り算で変換できる。 キロバイトの計算は累乗計算で10乗づつしていく。 」

 OCR化もAdobe Acrobat 9 Standardで行った。結構誤字が減ってきている。元原稿のスキャン次第なんだろうが、SV600では解像度が300と割と荒い割には綺麗に600でスキャンしたみたいに再現できる。開発者のコメントはわざとピンボケで読み取って内部で計算してクリアな文字にしているそうだ。

そうすることによって、スピードを落とさず綺麗にスキャンできるという。ただ写真家などからは、原型から変わってしまうので不満が出ている。文字を読み取る専用機としての能力は最高だ。
2018-02-16

血瘀について16

(2)痹证:《素问·痹论》所涉甚广,而血脉瘀阻是痹证的一个重要病理变化。《素问·平人气象论》说:“脉涩曰痹”。《痹论》说:“心痹者,脉不通。”痹“在于脉则血凝而不流。”《五脏生成篇》说:“血凝肤者为痹”。
② 痺症 《素問・痺論》において広範囲に血脈の瘀阻が痺証の一つの重要な病理変化で、あるということが示されている。《素問・平人気象論》に「脈渋を痺という」とある。《痺論》には「心痺は脈通ぜず」、痺は「脈にあるときは、血凝資して流れず」、《五蔵生成論》には「血膚に凝る者は痺をなす」とある。
2018-02-16

桂枝加大黄湯①・成方切用・巻5下・表里門

桂枝加大黄汤(仲景)
桂枝加大黄湯(仲景)

治太阳误下,转属太阴,腹满大实痛者。
太陽の誤下,転じて太陰に属し,腹満し大実痛する者を治す。

桂枝汤
(见表散门)加大黄(一两)芍药(三两)
桂枝湯(表散門を見よ)に大黄(一両)芍薬(三両) を加へ

误下而成结胸,则邪在上,仍属太阳。
誤下して結胸と成さば,則ち邪は上に在り,仍ち太陽に属す。

今腹满而大实痛,则邪已入太阴。
今腹満して大実痛せば,則ち邪は已スデに太陰に入る。

《经》曰:诸痛为实,痛随利减。
《経》に曰く:諸痛は実と為し,痛み利に随ひ減ず。

故用桂枝以解未尽之表邪,加大黄以下内陷之邪热,
(王海藏曰:腹痛,桂枝加芍药;大实痛,桂枝加大黄。
故に桂枝を用ひ以て未だ尽きせざる之の表邪を解す,大黄を加へ以て内陥の邪熱を下す,(王海蔵曰く:腹痛には,桂枝加芍薬;大実痛には,桂枝加大黄。

何为不只用芍药、大黄。
何ぞ為只だ芍薬、大黄を用ひざらんや(どうして使うだけではないのか)。

而于桂枝内加之?
而るに桂枝を之へ加へ内イるるか?

要知从大阳来,以太阳为本也。
要は大陽従ヨり来たるを知り,太陽を以て本と為すなり。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com