2018-01-25

怪しげな電話

 「薬局長さんおりますか」という電話は、大抵何かしらの勧誘だ。なんとかという横文字の会社名を語ってた。黙って聞いていると、何やらスマホでFAXみたいに処方箋を送れるシステムみたいだ。

法的にはどうなのかな。どうしてそんな電話をくれたのか聞いてみると、患者が私達の会社のホームページを見て申し込んできたとのこと。それで、そのシステムを導入する説明に明日午後1時に行きたいと。

患者は誰?名前は明かせないの?と聞くと、何やら名前を言わず、その患者が希望してますのでとうまくはぐらかされてしまった。俺んとこみたいに処方箋を持って来る患者は少ない、それに全員近所で顔見知りだ。誰が申し込みたいと言ったのか。またどこの医療機関にかかっているのかもわからず答えてくれない。それで説明はいらないと断り電話を切った。

新手の誘い込み訪問販売かも知れない。たとえ正式であったとしても、レセコンも入れていない紙レセプト請求の小規模薬局だから新たなシステムを入れる気はない。大抵、新たなシステムの勧誘は具体的話も聞かずにいらないと電話を即切ってしまうのが常だ。

今回は患者が希望したと言うので、誰だろうと少し話を聞いた。俺んちに来ている患者でスマホで処方箋を送りたいっていう人はいないんだけどなぁと不思議に思いながら・・・。

もし、本当であって、そのなんとかという会社が存在するのなら明日説明に来るだろう。でも電話を切ってから再びかけてこない。怪しげだな。明日になればわかるだろう。
2018-01-22

レセプト

 国保庁から電話があった。また間違いか。日立総合病院のコード番号が違っていると。えーそんなわけないな。と、控えを調べてみた。

あーっ、歯科だったんだ。歯科では病院のコード番号が違うんだ。都道府県番号は茨城なので08、点数表番号は病院はすべて1と思ってプログラミングをしていた。それが処方箋を見直ししたら3になっていた。

医療機関コードも内科などと違っていた。そうだった、歯科は同じ医療機関でも別枠扱いだった。忘れていた。国保には、歯科であったのに内科と同じ番号にしてしまったことを話して訂正し謝った。

さてと、医療コードが導入されてから同病院の歯科は来ていたはずだが、今まで指摘されていなかった。保険疔でも見逃していたんだな。ともかく、プログラムを修正しなくては。

医療機関名から分岐判断して医療コードを参照するようにしていた。だから歯科を併設してある大手の病院は区別できないでいた。ちょっと面倒だな。修正はしばらくかかりそうだから、歯科処方箋は注意して訂正印で対応するしかないな。
2017-12-13

なぜ閉店間際に

 閉店間際やもう配達の出来ない暗くなった時間に患者は院外処方箋を持ってくる。処方箋に記載されている薬が在庫していないと、どうしても明日渡すということになってしまう。

ほとんどの患者が常連で、いいよ明日来るよと言ってくれるから助かる。在庫を多くしてもジェネリックなどはけないものは期限切れで廃棄処分で元が取れない。どうしても、安定して出せる先発品を在庫として揃えるようになる。

厚労省は何を考えているのか。机上のプランだけでジェネリック、ジェネリックとはやし立て、無駄になって捨ててしまう薬がどれほど多いか知っているのだろうか。先発とジェネりっぃの破棄する対比データを出してみろと言いたい。

飴をしゃぶらせるから、ジェネリックを勧めろと言うが、その飴のハードルをどんどん高くして矛盾だらけではないか。それに今回の薬価改定で医師会に配慮して本体価格をアップし、その分を薬価をまたまた切り下げ全体として医療費が下がりましたと吹聴する。とんでもない改悪だ。

薬価差があると言っているようだが、俺は薬価の変動に巻き込まれるのはまっぴら御免だ。だから高くついたとしても薬価で仕入れ薬価でもらうことに徹している。当然極力ジェネリックは使わず、先発品中心にしている。当然経費倒れになるが、レセコンを使わず自作レセコンまがいでやっているので、基本料など付加価値でなんとかなっている。

毎月支払うレセコンの使用料はバカにならないと友人が言っていた。レセコンを使わない欠点はオンラインで出来なく、紙レセプト請求になる。そのペナルティーとして入金が月末近くと遅い。問屋の請求はオンラインの店に合わせて集金を早めているので当然端境期が発生し苦しい。でも枚数が少ないのでなんとかなっている。

第一、薬局の看板を上げるには調剤をしなければいかんと言う風潮を作ってしまった日薬はけしからん。薬剤師の職能はかなり広いので、いろいろな専門薬局が出来ていいはずだ。調剤をする薬剤師ばかり高給を出すよの中が間違っている。また、その高給取りにあこがれて薬学に進ませる親も考えがあさはかだ。

薬学をやって、わかったが衛生、分析、合成、生薬、微生物、放射線化学等々あらゆる研究御白い。それなのに、世の中では病院勤務薬剤師、製薬会社、開局、門前薬局と限定されている。もっと夢のある仕事を生かせないのだろうか。

そう思い、俺は薬学医学では教えてくれない漢方医学弁証を研究広めている。微々たる力だが、同志が集まると本当に楽しい。業務で院外処方箋の説明もするが、臨床面からこの病は漢方ではこのような方向で治すんですよと説明してる。                                                             
2017-10-25

せっかちな患者


 処方箋を持って新患が入ってきた。すぐ出来るかなと。急いでいるみたいだった。

 Rp)ロキソプロフェンNa錠60mg「トーワ」1錠
   レバミピド錠100mg 1錠
     1日3回まで頓服 10回分

薬はありますから、計算に時間が5分ほどかかりますよ。

患者曰く、あー失敗した、そんなにかかるのか。門前でもらってくればよかったと言い出した。カチンと来た。若ければ、じゃあそっちへ行けよ、5分も待てねーのかよと喧嘩をふっかけているところだ。

そこは抑えて、ごめんなさいね。新患の場合には急いでも入力に時間がかかるんですよ。すると、聞くやいなや、まだか、まだかの連発を発した。無視して入力を続けていると、そんなに時間」がかかるのなら、車を移動してくっからと出て行った。

すぐに戻り、まだかと言いながら入ってきた。はい、できました。こちらですと薬を見せると、今までと違うんじゃねえ?と言い出した。

多分レバミピドが一般名で出ていたので、前に別なジェネリックを出されていたのだろう。洗髪がムコスタでうちで扱っているジェネリックはこちらなんです、と、多種類のジェネリックが出ている説明をしてあげた。もうそれだけで5分以上かかっている。

聞いているのかきいていないのか、説明を遮り、いくらだと良い、薬情を持たず薬だけ持って出て行った。なんともはやせっかちな患者だ。きっと次回は来ないであろう。
2017-10-19

うーちー(我去)保健所

 麻薬の年間報告と同小売業免許の書き換えに行ってきた。保健所は朝8時半から開いている、業務は9時からだが、混む前に早めに行ってきた。9時前に着き1番だった。

担当のOさんに、お父さんの変更届を出して欲しいと言われた。そっか、厚生局には、その他の薬剤師から外してあったが、保健所は別に出さなければならないんだ。印鑑を持っていればすぐ書けますよと書類を出してくれた。親切だ。

その書類と、麻薬の書類を出した。2部出すのがあり、カラーコピーしたものを附けたら、これじゃあ控えが無くなってしまうから、コピーしてあげますねと、コピーしてもらい印鑑を押し直した。

カラーコピーだと印鑑が本物でないので、推し直す必要が出てくる。よく見分けができるなあ。俺なんかどれが本物でどれが写しなのかわからなくなってしまう。用紙が違えばわかるが、正本がコピー用紙と材質が同じだとわからなくなってしまう。

それで、コピーしたものに、すぐ鉛筆で移しと記載するようにした。1番でなんだかんだやっていたら9時前なのに、K薬局のKさん、A薬局のAさん、J薬局のSさんと友人達が早々と来た。保健所を出る時にはI薬局のAさんとも顔を合わせた。みんな患者が来る前に済ませようと考えることは同じだ。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com