2018-02-11

SV600の記事から

 マニュアルにはない隠し技がないかと捜してみた。まずは定番の使用補助方法についてメーカーPFUはどのようにコメントしているのか7項目にまとめてペーストした。。

1.原稿押さえについて

 一番手っ取り早いのはアクリルの板で原稿を押さえてスキャンすることですね。

2.附加装置について

 市販のフットペダルが使えます。次回のソフトウェアアップデートで対応する予定です。

 その他、技というか不都合が起こることに対応した対処法について

3.ページめくり反応

:ページめくりの検出でうまくページがめくれなかった時に、どこかに手をかざせば反応するはずだと思っていろいろ試してみたのですが、あれはどう手を動かせばうまく反応してくれるのでしょうか。

(商品企画部):水平方向ですね。
:実はページめくりの誤検出にもこだわっていまして、たとえば本をセットしただけで動き出すとよくないので、ページをめくる方向だけを検出するんですね。あと、ページを1枚ずつめくるのではなく、(目的のページが)十数枚先にあって連続でペラペラとめくっている最中にスキャンが始まってしまうと困るので、そういうときはスキャンしないように制御しているんですね。つまりめくることだけでなく、停止したという動きも検出している。そういった使い勝手も実はこだわっています。

:ということは、次にスキャンするページをめくりながら探している間は、なるべく動きを止めずに小刻みに手を動かしておけばよいと。

:まさしくそうです。裏技ですね。ちょっと止まるとスキャンしはじめちゃいますからね。


4.ボタン長押し

本を読み取る際は「ボタン長押し」を活用すべし
本川:従来からScanSnapには、ボタンを長押しすると長尺モードが使えるというモードがありますが、今回のSV600では、スキャンボタンの長押しにページめくり検出のブック補正モードを割り当ててあります。だから本を読み取る時にいちいち設定をブック読み取りに変更しなくても、ボタンを長押しすればいい。

:つまり、いまから本を読み取ろうという場合、長押しすれば、自動的にページめくり検出のブック補正モードに切り替わるわけです。

:デフォルトの設定では、1プッシュで読み取ったあと、ブックか普通の原稿かを選ぶ二択の画面が出るんですよね。

(ファームウェア開発部):そうです、必ず出ます。それが長押しをすれば、読み取ったあとにどちらかを選ぶのではなくて、必ずブック読み取りをすると。

:慣れてくるとボタン長押しほうが、1回1回メニューを切り替えるよりも楽ですね。

:ということは、デフォルトの設定は変更せずに、ブック読み取りに切り替える際はボタンを長押ししたほうが手間はかからない。

:そうです。ストップを押してファイルを出力するまではそのモードが継続し、それが終わると次のスキャンの際はもうリセットされますので、あとで設定を元に戻す必要もないと。

5.A2合成

:あと、裏技というわけではありませんが、SV600ではA2合成ができる機能が追加されています。今まではA4用紙2枚からA3サイズのスキャンデータを合成する機能があったのですが、今回はもともとA3用紙が読めますので、A3用紙2枚を合わせて1枚のA2サイズのスキャンデータにしてしまう機能を、Organizerにこっそりつけています。なのでたとえば新聞を半分に折って、1回スキャンして裏返し、もう1回スキャンすれば合成できてしまうと。

6.ピント

 わざとボケさせるという逆転の発想

:いわゆる書画カメラでは、本を見開きのまま読み取れてもピントが合っていないことがありますが、今回のSV600はいろいろと条件を変えながらスキャンしてもまったくボケない。あれはどういうテクノロジーによるものなんでしょう。単にCCDを採用するというだけでは、ああはならないと思うのですが。

:そこは逆転の発想でして、くっきりしたものだと少しでもズレるとボケるんですよね。それは仕方がないんですが、逆にボケているものであれば、多少ずれてもボケたままじゃないですか。そこなんですよね。それを復元させるテクノロジーを使っていることで、多少ボケても復元させたら同じように見えるわけです。書画カメラや、CISを利用したスキャナのほとんどは少し紙が浮き上がっただけでボケちゃうんですけど、これはボケた画像を利用しているので、少々高さが違ってもボケ具合は一緒なんですね。だから復元させることで同じようにくっきりできると。

7.今後のアップデート

さまざまな原稿が読めてしまうがゆえの要望

:ブック補正をいくつかの原稿で試してみたところ、もとの原稿よりも若干横方向に伸びる傾向があると感じたのですが、縦横比率は現状どのように測定しているんでしょう。

:ここがまだブック補正が完璧ではないところでして、形は分かるのですが高さの情報がなかったりと、見ているだけではわからない情報は実はたくさんあるんですね。なので、いくつかの情報は推測が入っていて、「こうじゃないか」と引き延ばして見やすい形にしているので、本物との縦横比が若干違う。これを今後どのように改善していくかはひとつのポイントだと思っています。

:なるほど。ほかに試してみた原稿では、スケッチブックに鉛筆で薄く書かれた線が読みにくいようですね。スケッチブック自体のサイズは問題がないんですが、あまり濃くない、実線までいかないような薄い線が読めない。

:デッサンのような。

:そうです。デッサンやクロッキーはたいてい白く飛んでしまう。こうした原稿を読み取るための解決策が何かないのかなと思ったのですが。

:8月頭くらいに予定されているアップデートで、そういった色を飛ばさないためのモードを用意します。ちょっと暗くなっちゃうんですが、(ディティールの)欠落はなくなりますね。


 技術的な内容は省いたが、なかなか発想がユニークで、結構頑固なまでのこだわりがあり、研究に苦労していたのがわかる。アップデートを期待してしまう。
2018-02-10

おとなのおもちゃSV600の付録

ScanSnap S1500には Adobe Acrobat 9 Standard が添付されていた。これはとても嬉しかった。上位のScanSnap SV600には PDF化するのにさらにバージョンアップされたものが添付されるのではないかと思っていた。

ところがCDは付いてないし、説明紙も少ないしどうしたものかと捜したら、A5判の紙にシリアルナンバーが書かれたシールが貼ってあり、インターネットでダウンロードしてインストールせよという指示だった。

その上、ライセンス登録をせよと。商品名は Nuance Power PDF Standard(Windows)
と Nuance PDF Converter for Mac(Mac)dだ。指示通りにやってみると、なかなか完成しない。関門がいくつもあってなかなかインストールまで行かない。

ダウンロードするためにシリアルナンバーやパスワードを入れる。そして圧縮されている本体を解凍し、やっとのことでインストールが始まる。すべてクリアして動作させたら、フリーズして動かない。

SV600を動作させているノートパソコンは、OSが古いVistaで動作している。ソニーのバイオであまり使っていない。SV600はスキャンするのに場所をたくさんとるので、ノートパソコン1台を専用とした。

SV600はVistaでも軽やかに動作していた。東芝のノートパソコンのWin10より速い。もっとも東芝のノートはCドライブに余裕がないので遅いんだけど。

せっかくソニーバイオノートにインストールしたのに動作しなけりゃどうしようもないので、PDF化のアプリはアンテナハウスのアプリでやることにした。それより、Acrobat 9 Standardがインストールしてあるので必要ない。

 せっかく添付されてパスワードも発行されているので、タワー型最新のパソコンに入れてみた。うん、問題なく動作する。画面は全体に紫色っぽく他社のものと区別付きやすい。まだ少ししか作業していないので、どこまで色んなことが出来るのかわからない。

少なくともAcrobat 9と比較すると貧弱に思えてならない。SV600も、もっと豊富なアプリを出して欲しいな。使用感コメントをネットで見てみると、不満を出しているのは写真の読み取りだ。色相やコントラストが強すぎて元の色に忠実にならない。

俺みたく、ほとんどモノカラーで本をスキャンする人達はほぼ満点の評価を出している。ただ、何ページもまとめてスキャンすると途中で保存ができなく、一応途中でも保存終了しなければならないのは不便だ、

いじりまわしていると長所短所がいっぱい出てくる。世間でどのように応用を利かせて使っているのか捜すのが楽しみだ。
2018-02-07

ScanSnap SV600の不思議

 ものすごく厚い本、たとえば広辞苑や百科事典みたいなものと、新聞みたいに薄いものとピント合わせがなくとも、適当にピントが合ってしまう。カメラの自動ピント機能みたいなものが内蔵されているのかな。

将来、本の究極の自炊として、一冊丸ごと投入すれば全ページPDF化してくれるっていう電子文具が出来たらいいな。本を丸ごと処理するので、「本丸君」とか、ネーミングだけは先走って付けてあげよう。

 本日、延長保証の書類が届いた。3ヶ月以内に返信登録しないと無効になると注意書きがなされていた。もちろん再発行はしない、他人に本体を譲渡する場合には保証書も一緒に譲渡してと記載されていた。車検証みたいなものだな。3ヶ月って期間設定が好きな会社だなあ。

ユニークなのは、記載事項を書いたらScanSnapでスキャンしてその文書を送れと書いてある。なるほどな、本体があるという証明も兼ねるのか。もちろん記載不備があったり細工して虚偽の内容に変えた場合は無効と当たり前のことも書いてあった。虚偽の例でもあったのかな。

 今後期待したいのは、OCRを中心としたソフトウエアだ。変換率を99.9%ぐらいまで上げないと実用にならないからな。それでもだいぶ進化して、アンダーラインの入った文字やルビ付きの文字も結構認識できるようになった。

一番の問題はかすれ文字だ。かすれると点の集合体となり、とんでもない文字に変換されてしまう。AIが進んでいるのだから、点点をつなぐソフトが出来ないかな。かすれ文字は現在、フォトショップやフォトスタジオなどで濃淡やコントラスト調整をして認識できやすいようにしている。手間がかかるんだよな。
2018-02-06

ScanSnap SV600 使用

 早速試してみた。紹介動画みたいに便利になるのかなと思ったら、縁日のテキ屋の口上ではないが、それほどパッパと言うわけには行かない。慣れればもっと効率よく出来るんだろう。

ともかく厚手の本をページをめくるだけでスキャンできてしまうのは、本当に楽だ。時間もかなり早くできる。また、ソフトウエアで本の端を指で押さえた指の映り込みを消す作業がまだ慣れないので手品師みたいに一発で消すというわけには行かない。

カラーで映り込んだ場合はワンクリックでパッと消えるが、光や原稿の加減で自動で白黒モードになってしまった時には、指の色も白黒写真なので、2~3回消すモードをくりかえさなければならない。

まだ、それは苦にならない。大変だったのは、本のページをきちんと認識しないページがあった時に、全てのスキャン終了後に編集で手直ししなければならない。iPadなどのアプリでページに合わせて切り取りななめにゆがんだ文字を一気に修正するものと同等の機能だ。

それが、見開きのページを左右それぞれに分離できる機能もある。それで用紙合わせをすると、4点の隅だけでなく、ページ中央の線の上下にも合わせなければならない。自動でやってくれるので問題ないと思っていた。

ところが、本の上部に付箋を色々何カ所も付けてある本では、その突き出た付箋が写り込んで自動で6ヵ所の基点を付ける場所が違ってきたりする。修正しようとしても付箋の出っ張りがページ紙の形と誤認識してしまい、一直線に線が引けない。

付箋を全部外すか写り込まないように折ったり切ったりして再度スキャンすればいいのだろう。しかし、これだけ便利な工夫がなされた自動アプリがついているのだから、もう一息考えて欲しかったな。

何かもっとスマートにできる方法がマニュアルに書いてあると思うんだけど、気持ちばかり先走ってしまう。ワードやエクセルで余計なお世話モードみたいに思えてしまいイライラ。

 あと一つ、新聞など大きなものをスキャンした時に紙が平らでないと歪み、文字がピンボケになってしまう。それを防止するため、オプションで取っ手付き特殊アクリル板がある。当然欲しくなると思い、同時に購入しておいた。

使ってみて驚いた。以外と重い。まあガラスよりは軽いが・・それより特殊加工と謳っている割に細かい傷が付いているのか汚れているのか少し曇っている。実際に使ってみると新聞は真平らになるが、少し色が褪せてしまう。

何も載せないで直接読み取ったものと、小さな文字を比較するとアクリル板を載せた方の小さな文字がアクリル板の汚れだろうか、少しピンボケ気味だ。直接スキャンした方はくっきりと映っている。

ただ直接スキャンした方はあちこちで歪みが出る。板を押しつけてスキャンした方はそれがない。もしOCRなどで文字をテキスト化するのなら、アクリル板を使用した方がいい。カラー写真などの場合はアクリルフィルターを使わない方が綺麗だ。

まあ、一長一短だな。結構な値段だったので、すごく期待していたのになあ。ちと残念だった。これなら買わずに大きな適当な強化ガラスに吸盤でも付けて使った方がいい。

 それと、機械に付けるビニールカバーも購入した。このぐらいサービスで付けろよなという程度のものだった。ホコリが付かないようにするのなら風呂で充分。会社などで使うならオプションのビニールカバーの方が見栄えはいい。風呂敷じゃちょっとね。
2018-02-05

ScanSnap SV600

product-banner-1280x427[1]

漢方の本など、分厚い資料を効率的にスキャンするために、ScanSnap SV600を購入した。CMを動画などで見て、場所は取るが便利だなと欲しいと思っていた。

ScanSnapは、S1500を持っているが、机上から落とし壊れてしまった。紙送りガードが割れただけなので、だましだまし使うと何とかなるが、手数がかかって面倒で今は使っていない。

新しいバージョンのものを購入しようかと何度も思ったが、一応S1500が使えるのでためらっていた。それでも厚い本をコピーするとなるとフラットスキャナーでないと出来ない。本をカットして自炊する手もある。数冊挑戦した。

やはり元本がバラバラになってしまい、ビニールチャック袋に入れて本棚に並べておくのだが、美しくない。表紙のしっかりした本などはバラすのに勇気がいる。

丁度と言っては語弊があるが、ScanSnap S1500が壊れたので、上位のSV600に決めた。箱から取り出すと、まるでロボットのようだ。そういや、こんな顏したロボットが出てくる映画があった。ショートサーキット2だった。8mmビデオで所有している。

 今度のスキャンは、上から照射するタイプなので立たせて置く。またころばして壊したら大変だ。今度は有償の保証延長を購入した。標準では1年の保証が付いている。登録すると3ヶ月延長になる。

それでは不安なので5年保証を購入した。新規に購入して3ヶ月以内に申し込まなければ延長保証はできない。保証に入ると製品保証と同様な修理サービスが受けられる。自分の不注意で壊した場合には有償なんだろうが、いくらかは安くなるんだろうと希望的に思っている。

前に壊したScanSnap S1500は保証が切れてからだったからな。3年5年と使い慣れて来ると乱暴に扱い壊れやすくなるんだよな。それに部品も消耗して来るし。

購入してすぐには故障することは少ないので、3年目から1年間保証なんてことを謳えばユーザーに支持されるだろうにな。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com