FC2ブログ
2019-03-08

FAX奮闘

 古く送受信できないFAXを、再度いじくりまわした。FAXのモーターが故障しているのだろうと決めつけていたからだ。

配線の切れなら簡単に直る。通電してコピーをしてみた。モーターは動いてコピー出来るのではないか。早速、FAX回線に繋いだ。送信はやはりNG。受信はと言うと着信音は鳴るが、FAXに切り替わる時点で切れてしまう。

NTT光回線からJweyの回線に変えてJway専用のTV放送、電話、ネット、FAX共有のモデムに変えたからな。FAXの自動受信を切り、手動受信にして、FAXが入った時に手動でスタートボタンを押したら受信できた。

ただ相手送信FAXの設定によって、ブチッと切れてしまうものもある。どうも不安定だ。Jwayで来てみてもらってもいいのだが、モデムの設定を変えてしまうと、修理に出している多機能FAXプリンターが戻って来た時に相性が合わないと困る。

一応、手動で動作できる時にいくつかは受信できる。つんぼ状態よりまだましだ。ともかく、新機種は購入しないで、何とか乗り切ろう。たまたま試験中に入電したFAXで客からの煎じ薬の注文があった。なんとタイミングのいい。
2019-03-05

参った

 FAXがいかれてしまい、仕事にならぬ。大手病院には連絡を入れた。どのくらいの期間なのと尋ねられ、修理を依頼した所の回答をそのまま伝えた。

修理はK's電気に依頼した。10日~2週間ぐらいかかると。長すぎる~と顏に現れたのか、すぐにその前に完了できればすぐ連絡しますよと言われた。

一安心、経験からすると大体長くとも1週間ぐらいで出来上がる。本当に2週間かかるんなら安いFAXを非常用として購入する。女房に話したら、反対された。機械ばっかり集めてばかりで・・と。

気持ちはわかる。使わないプリンタや古いパソコンがいっぱい捨てられないでいるからな。古い感熱式FAXを持ち出したのだが、電話機能は動くがFAX機能が動作しなかった。

それじゃあと、USB接続のアダプター型モデムを付けてパソコンでFAX受信しようとしたが、どうもうまく動作しない。ソフトが古いせいかも。しかたない、FAX無しで処方箋を受け付けなければ。

まあ、幸い枚数も少なく、近所の知っている人達ばっかりなので、常連用のストックは少なくとも1回分は在庫してある。ただ、薬袋などの印刷ができない。昔に戻って手書きだな。

覚悟を決めたら、今度は取引先の事業所からFAXが行かないと連絡がきた。事情を話して注文書を郵送にしてもらった。あーあ、やんなっちゃう。
2019-03-04

多機能不全

 FAX、スキャナー、プリンターの多機能FAX機が故障してしまった。先週からローラーの送りが不調を起こしていた。このブラザー機は、故障が起こると自分である程度直せるように、現在の故障に従って指示が窓に出る。

その通りに紙詰まりがないかチェックし、ローラーのクリーニングをかけて使っていたが、クリーニングの指示頻度が多くなり、ついに毎回クリーニングをしろとなってしまった。

仕事上止めるわけにも行かないので、そのまま動作させていたら、とうとう今朝になってクリーニングしても紙がすべって出なくなってしまった。

仕方ない、メモリーに読み込まれたと思われるFAXは全て破棄し、電源を落とした。修繕にメーカー送りだ。金の無い時に痛いなぁ。

FAXだけは、何とか受信体制をしておかなければと、古い感熱紙方式のFAXを持ち出し配線を切り替えた。古いFAXは、前にも緊急用代用として使ったが、送信ができない故障を持っている。持病だな。

しかし受信は「はやぶさ初期号」と同様部分的に生きている。こんなこともあろうかと捨てないでおいてよかった。

ただ、ブラザー機を早急に修理しないとスキャンやコピーができないので不便だ。こちらの代用はiPhoneかiPadで読み取り、レザープリンターで印刷するしかないな。

 夕べ、隣がまだキヤノンの営業所だった頃の夢をみた。その中でコピー機が壊れたから直してとえっちらこっちら持って行った。黙示録みたいな夢だったな。疲れが人間も機械も溜まっているんだな。
2019-01-11

不通回線

 薬問屋に急ぎ配達をしてもらおうと、FAXを送付した。話し中で、ツーツーツーとなり切れる。FAX機の機能で、数分間あいだを置いて自動再送となる。3回ほど失敗すると、原稿をコピーし、繋がらなかった理由が書かれて出てくる。

何度かけても話し中なので、おかしいと思い、電話して口頭で注文し時間がないので直接取りに行った。

問屋に電話工事業者が作業していた。ああ、このせいで繋がらなかったんだ。問屋従業員は申し訳ありませんと謝っていたが・・・普通繋がらなくなる工事は営業時間外にやるか、前もって知らせるべきだろう。

文句言おうとしたが、時間がないので、あっそうなんだと言ってすぐ帰ってきた。前任の社長だったら、そういう点はきっちりとやったであろう。電話回線が不通になる時間がそれほど無いと思ったのか、気を回さないでそのまま工事を依頼したのか。

社長が常勤している訳で無く、責任者社員も女性なので気が回らないのかも知れない。幸い午後には工事が終了したみたいで、通じなく不便を被ったのは俺ぐらいだろう。後で社長にいきさつを聞いて、改善を求めよう。
2018-12-12

FT400S


 昔使っていたHF帯の固定型送受信機だ。仙台に住んでいた時に購入した。当時は今の3級、電話電信級だったので10Wしか電波を出せず、ファイナル真空管6JS6が1本しか入っていなかった。

これをオプションで2本にしてプッシュプルにすると、FT400DXと同じ性能となり100Wまで出せる。後日、100Wに改造して使用していた。

 仙台から実家日立へ帰ってきて、結婚も数ヶ月後に控え増築した新居の窓下にそのシャックを設置した。VFOの周波数が安定させるために、数時間かかる。SWをONにしたままその場を離れた。

 用事があって姉が新居の部屋を開けると、煙が充満しており、改造したFT400Sから煙が出ていた。「火事だーっ」という大声を聞いた俺は急ぎ駆けつけ、電源を抜き、窓を全開にした。

幸い発火まで行っていなかった。シャックが冷めてからカバーを開けると、トランスに負荷がかかり、トランスの線を固定していた固形樹脂がべっとり溶け出し煙を出していたのだった。

 姉には火事発生器だ、いいかげんその趣味やめなよと言われ続いた。なんとか修理しようとひと月ばかり格闘したが、とうとう手に負えず、秋葉原の九十九電気修理部に持ち込んだ。

完全とまでは直らなかったが、最善をつくしてくれ、一応送受信できるように復活した。それから数年使い、無線仲間に譲ってやった。波瀾万丈なHF機だった。元々は6mをメインにしていたので、50MHzに戻り、製作もVHF中心になった。

電波形式もA3,SSB,USB,DSB,A1などと多岐に渡り、地元でも無線クラブを創立し部員に6mトランシーバーキットを設計配布し自作の楽しみを味わってもらった。

 今は、お祭りの時に顏を合わせるぐらいで、携帯が出来てから下火になってしまった。自作も秋葉原が変わってしまい、ほとんど出来なくなった。寂しいな。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と5人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と5人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com