FC2ブログ
2019-02-27

ゾフルーザの説明

 学校保健委員会で、インフルエンザ新薬のゾフルーザの説明をしてきた。

細胞内で増えたウイルスが細胞から外に出るプロセスをはばむタミフル、イナビル、リレンザ等のノイラミニダーゼ阻害剤と違い、ゾフラールは細胞内でのウイルスそのものが増えないようにする働きがある。

だからタミフルが1 日2 回、5 日間の服用が必要なのに対し、ゾフルーザは錠剤を1 回飲むことで完結すると作用の違いを図示した。

 それと副作用は下痢ぐらいなもので、ノイラミニダーゼ阻害剤よりずーっと少ない。効果も24時間で出現し、タミフルの72時間より早い。

質問は、タミフルに予防投与があるが、ゾフラールではどうかと。タミフルは増殖し外に出たウイルスを攻撃するが、ゾフラールは細胞内で阻害するので、予防投与は無いと思うよ、聞いたことがないと答えた。

同席していた学校医が、耐性が出やすいと言われているのと薬価が高いのが短所なんですよと付け加えてくれた。まあ、それが短所だな。

 医療費がかかるのなら、市販の総合感冒薬がいいと思われるが、いいのはアセトアミノフェン単味の方が使いやすいと、タイレノール、ラックル、小児用バファリンチュアブルを紹介しておいた。

あとはパンフレットを配布し、体重10kg単位で使えると説明した。学校医は後で、設定が乱暴だよなと言っていた。78kgの人と80kgで量が倍になっちゃうんだからなと。薬剤師は決められた量を出さなければならないので、何とも言えないな。

それより、今シーズンに新薬ゾフルーザがばんばん出され、来シーズンに耐性ができて効かなかったらワヤだな。その時はイナビル、タミフルになるんだろうな。タミフルもスイッチOTC薬になったし。
2019-02-15

くすり教室実施して

 実施してきた。100名以上の生徒に、いかにして実験をやらせるかという問題だった。当初の予定通り、実験キットは4組だけにして、1組2名づつ代表としてやってもらった。

ペタペタ実験では、カプセルが小さく透明なので、見ている生徒達にわかりにくかった。それで実況中継みたいに説明をしてやった。

真っ黒実験では鉄剤のインクレミンシロップをお茶のタンニンと反応させる真っ黒実験だ。水にインクレミンを入れ、若干淡黄色になった程度。お茶にインクレミンを入れると攪拌する間もなく真っ黒になり、生徒達はおおーっと声を発した。

何の薬なのと聞かれた。ちゃんと聞いてろよ、説明で貧血に使う鉄剤と言ったろうと。追い打ちをかけるように先生から、有効期限は?と。実験用に小分けしてきたので不明です。じゃあ飲めないのかな。だからくすりの説明で言っただろう(声には出さなかったが)。他人に薬をあげたり、処方されていない薬を勝手にのんではいけませんよ。

最後はグレープジュースと重曹で発泡する実験だった。重曹を水に入れても反応せず、ジュースにいれると少しだが発泡し液は黄色になった。おっビールだと何人か叫んだ。

時間があったので、持って行ったコーラでもやらせた。コップ半分にしろって言ったのに一杯いれてジュワーッとこぼれ出てティッシュが役に立った。

それを見ていた班では、半分まで飲んで実験していた。わーわー言いながらも楽しんでできた。

 一番最初に、USBからパワーポインタを動かそうとしたら、学校のパソコンのPPのバージョンが違ったのか動作しなくて、あせった。USBからディスクトップにプログラムをコピーして動作させたら、一部の動画は動かなかったが、なんとかスライドショーが動いたので支障なくできた。

反省として、自分のノートパソコンも持参し不慮の支障にも対応できるようにしないといけないな。これが薬物乱用防止講演だったら、毎年やっているので、配布パンフレットだけでスライドを映さなくてもできるのだが。

今回のくすり教室の場合は予行演習をしたものの、話の流れを把握していなかったので焦った。あらすじぐらいは用意すべきだった。
2019-02-13

くすり教室

 明日は中学校で「くすり教室」だ。本来なら各クラスでやらなければならないのだが。薬物乱用講演の日程を変更して二年生全員を集め、スライドと実験をやることにした。

120名以上もいるので、実験はとてもコントロールできないので前の方で3ヵ所で代表者にやってもらうことにした。カプセルが指に付くペタペタ実験、鉄剤で真っ黒になる真っ黒実験、重曹で発泡するシュワシュワ実験の3つをやる予定だ。

パワーポインタのスライドも間を大幅にはしょっておいた。学校の希望で薬物乱用防止を別日程でできないので、入れてと言われた。本来ダメなのだが、スライドにちりばめたバージョンにした。

急遽、保健所に行って配布パンフレットも生徒数もらってきた。さあて、今夜実験の予行演習をしておこう。
2019-02-13

学校薬剤師届

 保健所に学校薬剤師の届と委嘱状写しを届けるために行ってきた。今月21日までに出さないと、自分で1から提出しなければならないと連絡文書に書かれていた。

今までそんな提出なんて無かったのに。おかげで市立の小中学校から委嘱状なんかもらった覚えがない。保健所に言ったら、申請書の右下に委嘱状なしと鉛筆で書いて提出してくださいと。

私立の幼稚園や県立校も全てださなければならない。県立は委嘱状をもらっている。幼稚園と認定保育園は、認定保育園からはもらっていたが、私立幼稚園からはもらっていなかった。

保健所曰く、公立校はこちらで委嘱状の発行手続きをしますが、私立の方は学薬でもらいに行ってもらうかも知れませんと。いいですよ、ちょくちょく行ってますから。

 保健所指導の講習会のスライドに、学薬の保健所の届をするよう書いてあったので、日立学薬副会長と一緒に講習会後に聞いた。保健所でもよくわからず後で連絡するということだった。

しばらくして、保健所からFAXで届を出してという文書が来たということだ。ちなみに、保健所へは薬物乱用防止講演などやった場合に、教育委員会の他に保健所にも報告を出さなければならない。

薬剤師会では、ほとんど提出してくれないと言っていたが、そんな通知があったとしても罰則がないので講習をやったことを一箇所に報告すれば、いいのだろうと思っている学薬がほとんどだ。

通達をもっとこまめにくれないとな。文科省と厚労省の縦割り行政ではどちらにも報告するなんて考えはなく、罰則の重い方を中心にしてしまう。

たとえば厚労省では厚生局の個別指導を。文科省のルートでは薬乱やくすり教室をなどと。どちらかと言うと文科省関係が軽んじられている。ただ学薬役員は報酬が減らされるのを恐れて学校ならびに会長に業務内容報告を文書で出せと口を酸っぱくして言っている。

同じ厚労省管轄であっても、保健所と厚生局との横のつながりは希薄だ。仲が悪いのか、お互い俺の方が上だなんて気持ちがあるのだろうか。我々薬局が法律をないがしろにしているからなのだろうが、厚生局の方が上から目線で脅しをかけられている気がする。

 最近、お上では昔の通達など見直しにかかっているのかも。国鉄の順法闘争みたいなものだな。組合でなく、お上がやるってことは、選挙や消費税アップが控えているからか。お上の締め付けかなぁ。
2019-01-24

微風計故障

 今月、県立高校の空気検査をしてきた。器具類は基幹高校でワンセット管理している。養護教諭が検査時期に合わせて借りて揃え実施している。

空気検査の意識が低いのか、俺の普段の説明が足りないのか、当日時間通りに検査に向かい、まず器具類の点検から始めた。養護教諭は、実は基幹高校で微風計が故障しているので修理に出してあると言われ、それだけが不足していると言った。

無いとダメでしょうか。(きっぱりと)ダメです!!(何ちゅうこっちゃ)なぜ借りられなかった時にすぐ連絡をくれなかったのですか。入手する方法はいくつもあったのに、実施寸前に言われても・・・

そうそう、以前購入しておいた新品のアスマン通風計とカタ温度計があるはずなので、それを出してください。養教は戸棚などを捜し始めた。無い。きっと一括管理で別な倉庫にしまったのか、使って無いので廃棄処分してしまったのかも知れませんと。

なにぃ、新品だぞ。数十年前に購入した時にも、学校薬剤師に相談無しに購入してから買いましたと見せてくれ、こういうのを購入する時には、一言相談があってもいいんじゃないかと言った覚えがある。

今から倉庫をさがしても出てくるかわからないので、デジタル温湿計があるので、気温、湿度と二酸化炭素に、余った時間に照度を測定しましょう。気流は今回はパス!

あのう、この騒音計は? 騒音はやらなくてよろしい!

 と、文句を言いながら空気検査を実施した。インフルらしき生徒も現れ、養教はバタバタと忙しく保護者と連絡に駆け回っていた。忙しい時期だからしかたないかな。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と5人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と5人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com