FC2ブログ
2011-04-30

昔のCQ誌

 地震で倉庫の古い本が崩れてきたのをパラパラ見ていたら、古ーいCQ誌で丹羽一夫JA1AYO氏の製作記事を見つけた。長時間タイマーを使ってニッカド充電を自動的に終了させ過充電を防ぐというものだ。

ちょうど記事に載っているタイマー用IC、M51845Lを持っているので製作してみようと考えた。だが、見つけたのは2回シリーズの1回目記事だけで次の号は当時買わなかったと見えて手元にない。

まあ、回路図と説明が載っているので作れない訳ではないが、調整とか作るコツとか面倒なプリント基板における部品配置法とか知りたいじゃん。そこで出版社にバックナンバーがないかネットで調べた。1978年発行なので古すぎてもはやない。丁寧に調べるとコピーサービスちゅうもんがあるではないか。

ページ単価100円と手数料。記事は2~3ページなので安いものだ。早速電話して記事をコピーしてもらうことにした。回答は、あまりにも古い号なので原本は2冊づつ合併して保管してあるという。そのため厚くなっているのでコピー時に真ん中がぼける可能性があるがそれでもよければ白黒コピーサービスができるという。もちろんOKと言った。来るのが楽しみだ。

トランジスタ技術などは、古い号は年単位で新聞社と同様にCDにして発売している。1枚1万3千余円とちと高いが12か月全部が見られて誤植も訂正されている。これは魅力だ。CQ誌も何でCD化しないのかね。1ユーザーとして要望は出した。人気記事を単行本化するなどの都合があるなら、5年後ぐらいに出せばいいんだよな。

俺がファンになっている丹羽氏も色々考えているみたいだ。「漢方をよりよくより多くの人に」と、小太郎漢方製薬の社是じゃないが記事をより多くの人に広めたいと。ネットで丹羽氏のホームページを見つけ作品の中から出版社に許可を得た製作記事をピックアップして公開している。えらいものだ。

早速全ての記事pdfをダウンロードし、読んでみた。CQ誌連載だけでなく初歩のラジオなど当時の雑誌からのも多数あった。CQ誌のものは校正をかけた原稿と思われるもので赤色鉛筆で回路図に訂正がなされていた。同じ記事の手持ちのCQ誌と比べると確かに訂正されていた。単純な間違いだけでなく丹羽氏の思考や実験の過程がわかって興味深い。

益々深みにはまって行きそうだ。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com