FC2ブログ
2018-02-02

二柴胡飲・成方切用・巻5上・和解門

二柴胡饮
二柴胡飲

二为火数,从温散也。
二は火の数と為す,温従り散ずなり。

凡遇四时外感,或其人元气充实,脏气素平无火,或时逢寒胜之令,本无内热等证者,皆不宜妄用凉药。
凡そ四時の外感に遇ひ,或ひは其の人元気充実し,臓気は素もと平にして火無し,或ひは時に寒に逢ひ之を勝り令シめ,本もと内熱無き等の証の者は,皆な宜しく涼薬を妄用すべからざるべし。

以致寒邪不散,则为害匪浅,宜此主之。
以て寒邪を致し散ぜずんば,則ち浅からずを害すと為す,宜しく此れ之を主る。

陈皮
(钱半) 半夏 细辛 厚朴(一、二钱 ) 甘草(八分) 柴胡(钱半或二、三钱) 生姜(三、五、七片)
陳皮(銭半) 半夏 細辛 厚朴(―、二銭 ) 甘草(八分) 柴胡(銭半或ひは二、三銭) 生姜(三、五、七片)

如邪盛者,可加羌活、防风、白芷、紫苏之属,择而用之;
如し邪盛なる者には,羌活、防風、白zhi、紫蘇の属を加ふる可し,択して之を用ふ;

如头痛不止者,加川芎一、二钱;
如し頭痛し止まざる者には,川芎一、二銭を加ふ;

如多湿者,加苍术;
如し多く湿する者には,蒼朮を加ふ;

如阴寒气胜,必加麻黄一、二钱,或兼桂枝,不必疑也。
如し陰寒の気が勝らば,必ず麻黄一、二銭を加ふ,或ひは桂枝を兼ぬるは,疑ふに必せざるなり
(疑う必要はない)
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com