FC2ブログ
2018-02-13

柴胡加芒硝湯・成方切用・巻5下・表里門

柴胡加芒硝汤(仲景)
柴胡加芒硝湯(仲景)

治伤寒十三日不解,胸胁满而呕,日晡潮热。
傷寒十三日解せず,胸脇満して嘔し,日?潮熱すを治す。

已而微利。
已スデにして微利す。

此本柴胡证。
此れ本モトの柴胡証なり。

知医以丸药下之,非其治也,潮热者实也。
医は知る丸薬を以て之を下すは,其の治に非ざるなり,潮熱する者は実なりと。

先宜小柴胡汤以解外,后以加芒硝汤主之。
先ず宜しく小柴胡湯にすべく以て外を解し,後に以て芒硝湯を加へ之を主る。

(伤寒十三日,为再经已尽,当解之时,胁满而呕,少阳也;
(傷寒十三日にして,再び経を已に尽すと為す,当に之を解す時,脇満して嘔すは,少陽なり;

胸满而日晡潮热, 阳明也,邪气犹在表里之间。)
胸満して日晡潮熱すは,陽明なり,邪気猶ほ表裏の間に在り。)

小柴胡汤(见和解门)加芒硝(六两)
小柴胡湯(和解門を見よ)に芒硝(六両)を加ふ

表证误下,邪热乘虚人胃,以致下痢。
表証を誤下し,邪熱が虚したる人の胃に乗じ,以て下痢を致す。

而满呕潮热之证犹在,故仍先与小柴胡汤以解外,随后以加芒硝汤,以荡胃热,亦与大柴胡两解同意。
而シカるに満嘔潮熱の証猶ほ在り,故に仍ち先ず小柴胡湯を与へ以て外を解し,後に随し以て芒硝湯を加ふ,以て胃熱を盪し,亦た大柴胡との両解と同意なり。
(盪:払い除く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com