FC2ブログ
2018-10-12

唐鄭相国方①・成方切用・巻6下・去寒門

唐郑相国方
唐鄭相国方

治虚寒喘嗽,腰脚酸痛。
虚寒の喘嗽にて,腰脚酸痛するを治す。

破故纸
(十两。酒蒸为末) 胡桃肉(二十两。去皮烂研) 蜜调如饴。
破故紙
(十両。酒にて蒸し末と為す) 胡桃肉(二十両。皮を去り研ぎ爛ツブす) 蜜にて飴の如く調ふ。

每晨酒服一大匙,不能饮者熟水调。
晨ソウチョウ毎に酒にて一大匙を服す,飲む能はざる者には熟水にて調ふ。

忌芸薹
(油菜也)、羊血。
蕓薹ウンダイ
(油菜なり)、羊血を忌む。

破故纸属火,入心包命门,能补相火以通君火,暖丹田,壮元阳。
破故紙は火に属し,心包命門に入る,能く相火を補ひ以て君火を通じ,丹田を暖め,元陽を壮す。

胡桃属木,能通命门,利三焦,温肺润肠,补养气血,二药合用,有木火相生之妙。
胡桃は木に属し,能く命門を通じ,三焦を利す,肺を温め潤腸し,気血を補養す,二薬を合せ用ひ,木火の相生の妙有り。

气足则肺不虚寒,血足则肾不枯燥。
気足らば則ち肺は虚寒せず,血足らば則ち腎は枯燥せず。

久服利益甚多,不独上疗咳嗽,下强腰脚而已也。
久しく服し利益甚だ多く,独りならず上は咳嗽を療す,下は腰脚を強くして已サるなり。

(古云:黄柏先知母,破故纸无胡桃,犹水母之无虾也。
(古イニシエに云ふ:黄柏は知母の先に,破故紙に胡桃無く,猶ほ水母の蝦エビ無きなり。と

李时珍曰:命门在两肾中央,为生命之原,相火之主,肾命相通,藏精而恶燥。
李時珍曰く:命門は両腎の中央に在り,生命の原と為し,相火の主たり,腎命が相ひ通じ,精を蔵して燥を悪む。

胡桃状颇相类,皮汁青黑,故入北方,佐破故纸润燥而调血,使精气内充,血脉通调,诸证自然愈矣。)
胡桃の状カタは頗スコブる相ひ類す,皮汁は青黒く,故に北方に入る,破故紙は佐とし潤燥して調血す,使とし精気は内充し,血脈が調ひ通じ,諸もろの証自然に愈ゆや。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com