FC2ブログ
2018-08-16

姜附白通湯①・成方切用・巻6下・去寒門

姜附白通汤
姜附白通湯


治暴卒中寒,厥逆呕吐,泻利色清,气冷肌肤凛栗,无汗,盛阴没阳之证。
暴卒の中寒にて,厥逆嘔吐し,瀉利し色は清スみ,気冷し肌膚は凜栗
(身震い)し,汗無く,陰盛陽没の証を治す。

 附子
(炮,去皮脐) 干姜(炮,五钱) 葱白(五茎,取汁) 猪胆(大者,半枚) 用,水二大盏,煎附、姜二味至一盏,入葱汁,并猪胆汁和匀服。
 附子
(炮じ,皮臍を去る) 乾姜(炮じる,五銭) 葱白(五茎,汁を取る) 猪胆(大なる者,半枚) 用ひ,水二大盞,附、姜二味を煎じ一盞に至り,葱汁,並びに猪胆汁を入れ均しく和して服す。

再用葱一大握,以带轻束,切去两头,留二寸许,以一面熨热,安脐上,用熨斗盛炭火,熨葱白上面,取其热气从脐入腹。
再び葱一大握を用ひ,以て軽き束に帯び,両頭を切り去り,二寸許バカりに留め,以て一面に熱に熨ノし,臍上に安アンじ,熨斗を用ひて炭火を盛り,葱白上面を熨し,其の熱気を取り臍従り腹に入る。

甚者,连熨二三饼,又甚者,再用艾柱灸关元、气海,各二、三十壮。
甚しき者は,二三餅を連ね熨しし,又た甚しき者は,再び艾柱を用ひ関元、気海,各二、三十壮を灸す。


(脐下一寸五分名气海,二寸名丹田,三寸名关元)
(臍下一寸五分を気海と名づけ,二寸を丹田と名づけ,三寸を関元と名づく)(丹田と関元:関元カンゲンは丹田タンデンの場所にあるといわれている。丹田とは「気の田」の意味)
2018-08-15

白通加人尿猪胆汁湯③・成方切用・巻6下・去寒門

(以热治寒,以寒治热,为正治。
(熱を以て寒を治す,寒を以て熱を治す,正治と為す。

以热治热,以寒治寒,为反治,亦曰从治,谓从其性而伏之也。
熱を以て熱を治す,寒を以て寒を治す,反治と為す,亦た従治と曰く,其の性従り而るに之を伏すと謂ふなり。

按:厥有阴阳二证,阴厥者,身凉不渴,脉迟细而微;
按ずるに:厥に陰陽の二証有り,陰厥とは,身涼しく渇せず,脈遅細にして微なり;

阳厥者,阳热极而反厥,虽厥而烦渴谵妄,身复时温而脉数也。
陽厥とは,陽熱極めて反て厥し,厥と雖も而るに煩渇譫妄し,身は時に温み復して脈数なり。

若阳厥极深,至于身冷,脉微欲绝,为热极,而将死矣。
若し陽厥極めて深く,身冷に至らば,脈微にして絶へんと欲し,熱極と為し,而るに将に死すべしや。

急以大承气下之,则厥愈。
急ぎ大承気を以て之を下し,則ち厥愈ゆ。

所谓寒药反能生脉,而令身暖也。
所謂イワユる寒薬の反て脈を生かす能へ,而るに身をして暖めしむなり。

若以热药助其阳,则阴气暴绝而死矣。
若し熱薬を以て其の陽を助くば,則ち陰気は暴ニワカに絶へて死すや。

阴厥用白通四逆汤,亦须急投,缓则无及。)
陰厥には白通四逆湯を用ひ,亦た須べからく急ぎ投じ,緩むれば則ち及ぶに無し。)
2018-08-14

それぞれ帰る

 子供、孫達が元気に自分家に帰って行った。女房も仕事で出かけたので一人寂しく残された。まだお盆期間中なので「お盆の長男」をやらなければならない。

亡き父母に、姪っ子甥っ子達に子供ができたとの嬉しい報告が出来た。産まれるのは皆来年になる。父も母ももう1年長生きしてくれたのなら曾孫の顏が見られたのにな。まあそれでも娘達が生んだ曾孫が4人も見られたので充分だろう。
2018-08-14

白通加人尿猪胆汁湯②・成方切用・巻6下・去寒門

 葱白(四茎) 干姜(一两) 附子(一枚,炮) 人尿(五合) 猪胆汁(一合) 加减法,同四逆汤。
 葱白
(四茎) 乾姜(一両) 附子(一枚,炮じる) 人尿(五合) 猪胆汁(一合) 加減法は,四逆湯に同じ。

葱白之辛,以通阳气。
葱白の辛,以て陽気を通ず。

姜附之热,以散阴寒。
姜附の熱,以て陰寒を散ず。

此白通汤也。
此れ白通湯なり。

服而不应者,乃阴盛格拒乎阳,药不能达少阴,故加人尿、猪胆汁为引,取其与阴同类。
服するも応ぜざる者は,乃ち陰盛にて格は陽を拒み,薬は少陰に達する能はず,故に人尿、猪胆汁を加へ引きと為し,其の陰と同類を取る。

下咽之后,冷体既消,热性便发,情且不违,而致大益。
咽ノみ下クダしたる後に,冷体は既に消へ,熱性が便ち発し,情は且つ違タガワずして,大ひなる益を致す。

《经》曰:逆而从之,从而逆之,正者正治,反者反治,此之谓也。
《経》に曰く:逆して之に従ひ,従ひて之に逆す,正の者は正治し,反の者は反治す,之を此れ謂ふなり。

2018-08-13

賑やか新盆

 朝5時起きして早々に墓参りに行ってきた。皆早いもので駐車場はほぼ満杯だった。すげーな、うちは自由墓地なので、色々な形の墓石がある。ほとんどの墓はきれいに掃除されているが、中には掃除の時間が無かったのか草ボウボウの所もあり、それが年々多くなってきている。

花をあげ、線香を焚いてご先祖さん達を出迎えた。帰ってからは、早々に新盆とわかっている議員さんや業界の人達が線香を上げに来た。皆、口をそろえて父の生前の活躍を話してくれた。嬉しいものだ。

昼前からは親戚などが来て楽しい時間を過ごせた。孫達は色んな人が現れるので幼い子らははしゃぎまわり、少し大きい孫ははにかむようにもじもじと挨拶していた。これが日本のお盆なんだと引き継いで行くのだろう。俺もお盆の長男をしっかりと体験している。

散歩や買物に出たいのだが、お客さんが見えて家長がいないと失礼でしょうと女房に言われ自粛している。酒が好きなら、一日中飲みながら客と話せるのだが。お茶ばかり飲んで腹がチャプチャプする。
2018-08-13

白通加人尿猪胆汁湯①・成方切用・巻6下・去寒門

白通加人尿猪胆汁汤(仲景)
白通加人尿猪胆汁湯(仲景)

治少阴病;下利脉微者,与白通汤,利不止,厥逆无脉,干呕而烦,服此汤后,脉暴出者死,微续者生。
少陰病を治す;下利し脈微なる者は,白通湯を与へ,利止まず,厥逆し脈無く,乾嘔して煩す,此の湯を服したる後,脈暴ニワカに出ずる者は死す,微ワズカに続く者は生く。

(肾者,胃之关也。
(腎とは,胃の関なり。

前阴利水,后阴利谷,寒邪客之,则不能禁固,故下利也。
前陰は水を利し,後陰は谷を利す,寒邪が之に客せば,則ち固む禁コタふる能はず,故に下利するなり。

与白通汤,复阳散寒。
白通湯を与へ,陽を復し散寒す。

服后利不止,厥逆无脉,干呕烦者,寒气太甚,内为格拒,阳气逆乱也。
服したる後に利止まず,厥逆し脈無く,乾嘔し煩する者は,寒気甚ハナハだ太く,内は格カク(窮キワみ)と為すを拒み,陽気は逆乱するなり。

服此汤后,脉暴出者,正气因发泄而脱也,故死。
此の湯を服したる後,脈が暴ニワカに出ずる者は,正気は泄を発するに因りて脱するなり,故に死す。

脉微续者,阳气渐复也,故生。)
脈微にして続く者は,陽気が漸シダイに復するなり,故に生イく。)
2018-08-12

提灯

 お盆のひな壇飾りや、灯籠、提灯などをセットした。帰省した娘達に手伝ってもらった。長兄の孫も高一になったので力仕事を頼め大いに助かった。

お盆の長男の話は以前に記載したが、息子は連休に音楽コンクール大会があるとのことで、お盆には帰れないとのことだった。娘や孫達はおじさん来ないのと残念がっていた。

孫達も大きく成長し、食事も一度にできないほどになった。いや、賑やかで、賑やかで今年のお盆は楽しい。娘達は死んだじいちゃんの思い出話など語っていた。

次は俺が語られる番なんだな。生前にあまりバカなことをやってられないな。
2018-08-12

怒られた

 冷凍食品をでかい段ボール箱で送られて来たものを、運送屋で冷凍とも言わないで受領印をくださいと言ったので押した。差出人が娘からの荷物で、いつも帰省する前に着替えや土産などを送ってくるのでそのまま開封せずに室温30度超えの所に置いて置いた。

翌々日、また同じ娘から荷物が届いた。あれっ今回は荷物が多いなと思いつつ重ねて置いた。その翌日帰省した娘が、荷物を見て叫んだ。なに!お父さん!冷凍品なのに置きっぱなしにして、中味がみんな溶けてしまって台無しじゃない!

数万円がムダになったよ!だって冷凍と思わなかったし、いつもの運送屋だったら冷凍です、冷蔵ですなどと再確認をして行くのだが、運送会社が違って、荷物も冷凍にふさわしくなく大きかったので冷凍とはつゆ思いもしないよ。

どうやら、皆で食べようとハンバーグなどの有名なシェフの作ったものを送ったんだよと。3日も常温どころか高温に置いてしまった。ごめんなさいは!謝ってよ!と怒られてしまった。

 女房が、とにかく開けて一部食べてみようと、食べ、私が30分後に腹痛を起こしたらアウト、そうでなければ大丈夫だからみんなで食べようと。

まあ自然解凍と思えばいいかと、腹痛も起こさなかったのでみんなで食した。えらい失敗をしたものだ。娘にはもう二度とお父さん宛には送らないからね!送る得はお母さん宛にするからと信用を無くしてしまった。

運送屋も一言云って欲しかったな。
2018-08-12

養中煎・成方切用・巻6下・去寒門

养中煎
養中煎

治中气虚寒,为呕为泄者。
中気虚寒にて,嘔を為し泄を為す者を治す。

人参
(一、二、三钱) 山药(炒,二钱) 白扁豆(炒,二、三钱) 炙甘草(一钱) 干姜(炒黄,一、二钱)
人参(一、二、三銭) 山薬(炒む,二銭) 白扁豆(炒む,二、三銭) 炙甘草(一銭) 乾姜(黄に炒む,一、二銭)

如嗳腐气滞者,加陈皮一钱,或砂仁四分;如胃中空虚觉馁,加熟地三、五钱。
如し嗳腐気滞する者には,陳皮一銭,或ひは砂仁四分をを加ふ;如し胃中空虚にて餒
(餒:飢える)ウヘを覚ふるには,熟地三、五銭を加ふ。
2018-08-11

御施餓鬼

 「おせがき」というとよく意味がわからず、お盆の前に先祖供養の塔婆をお寺に買いに行く、そしてお盆の時にお墓に納めるという行事だ。子供の頃から、お寺さんの集金の一つと思っていた。

それじゃあ身も蓋もない。調べてみた。大体餓鬼に施すってどういう由来があるのか。

「餓鬼とは、亡くなった後に餓鬼道(がきどう)に堕ちてしまい苦しんでいる人たちに、お供え物をしたりお経を唱えたりすることで苦しみを癒してもらう行事です。餓鬼道に堕ちるのは、生前にむさぼる心を持っていた人や、卑しい行為をした人とされています。施餓鬼は、常に飢えと渇きに苦しんでいるとされる餓鬼に施しをすることで、自らの徳につなげるのがねらいです。」

そうか、先祖の供養ではなく広く民衆を救うという意味なんだ。傷寒論の序文にもあったな。
「勤求古訓博施濟衆」 勤ツトめて古訓コクンを求め、博ヒロく衆シュウを済スクい・・・
これを店名に師匠からいただいた漢方専門薬局が埼玉にある。うらやましい限りだ。

そうなんだ、漢方家は大衆の病を救わなければならない。この精神は施餓鬼と同じなんだ。先祖の供養とか新盆だから供養をすると言うのは意味が違う。きっと、お寺では大衆を救うためと言うと誰かがやるだろうと背を向けてしまうので、近親者や先祖を大切にというと振り向いてくれると思ってから意味合いが違ってきたのであろう。

施餓鬼の本来の意味を伝え、漢方をひろく民衆に理解してもらう方向に向けたいものだ。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と4人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com