FC2ブログ
2019-08-15

お盆のお墓参り

 13日早朝に草むしりを兼ねて女房と行って来た。墓誌には祖父母、父母の名前が並び、次に彫られるのは俺の名前だ。何ていう戒名が彫られるのかなと、空白の部分を手で擦ってきた。

自分ちの墓参りが済んだら親族の墓参りだ。ご供物を持って出た。道路が混んでいてもうすぐ市内を抜けようとした時に、忘れ物を思い出した。女房の運転だったので、Uターンをと言うと、せっかくここまで来たのに・・ときつい声で言われてしまった。

しゃあない、すっかり忘れてしまったのだから。出だしから躓ツマヅいたが。まあなんとか新盆の親戚や祖父母のそれぞれの実家などお墓参りができた。みな代替わりしている。でも祖父母といっしょに毎年運転手役として顏を出していたので、喜ばれた。

昔は、もっと遠い親族の家も祖母に言われて回ったのだが、行く度にどちら様でしょうかと言われていたので、祖母が亡くなってからは行かなくなった。このようにして疎遠になっていくんだな。

寂しいので、復活させようと思ったのだが、今度は俺がどちら様でしょうかと言われるのも嫌でやめた。それより、家の場所がうろ覚えで道に迷ってしまう。

 俺んちには、姉達一族が15日に来てくれた。子供達、まあ甥っ子姪っ子だな、結婚し子供や赤ちゃんができ総勢14~5名になり、すごい騒ぎになった。女房一人で接待できないので前もって寿司なども注文しておいた。それでも来客寸前までオードブルなどせっせと用意してた。苦労かけたな。

父母が客寄せが大好きだったので、さぞかし空から喜んでくれただろう。甥っ子の嫁や姪っ子達が手伝ってくれたので助かった。姉様?姉様が動くと大変なことになるだろうから、お客さんでいてもらった。
2019-08-15

元参升麻湯・成方切用・巻8下・瀉火門

元参升麻汤
元参升麻湯

治发斑咽痛。
発斑の咽痛を治す。


(发斑者,阳明胃热也。
(発斑なる者は,陽明の胃熱なり。

咽痛者,太阴肺火也。)
咽痛する者は,太陰の肺火なり。)

元参 升麻 甘草 等分。
元参 升麻 甘草 等分にす。

升麻能入阳明,升阳解毒。
升麻は能く陽明に入り,昇陽し解毒す。

元参能入太阴,清金制火。
元参は能く太陰に入り,金を清し火を製す。

甘草甘平,能散能和,故可利咽散斑也。
甘草の甘平は,能く散じ能く和す,故に咽を利し斑を散ずるなり。

除元参,加犀角、射干、黄芩、人参,名阳毒升麻汤,治阳毒发斑,头项背痛,狂躁骂詈,咽肿吐血,温服取汗。
元参を除き,犀角、射干、黄芩、人参を加へ,陽毒升麻湯と名づく,陽毒の発斑,頭項背痛,狂躁罵詈,咽腫吐血を治す,温服し汗を取る。




2019-08-14

二母散・成方切用・巻8下・瀉火門

二母散
二母散

治肺痨有热,不能服补气之剂者。
肺癆にて熱有り,補気の剤を服す能はざる者を治す。

(肺虚挟火,或咳嗽发热,阴虚巳甚。
(肺虚にて火を挟み,或ひは咳嗽発熱し,陰虚が巳に甚し。

再服补阳之药,则火益亢,而阴愈亏。
再び補陽の薬を服せば,則ち火は益マスます亢して,陰の愈に虧キす。

故有虽病虚劳,不能服温补药者。)
故に病が虚労と雖も有らば,温補薬を服す能はざる者なり。)

知母 贝母 等分。
知母 貝母 等分にす。

炒为末。
炒め末と為す。

火旺烁金,肺虚痨热,能受温补者易治,不能受温补者难治。
火旺は金を爍す,肺虚は癆熱し,能く温補を受くる者は治し易し,能く温補を受かざる者は治し難し。

故又设此法以滋阴,用贝母化痰,泻肺火,知母滋肾清肺金,取其苦寒胜热,润能去燥也。
故に又た此の法を設け以て滋陰し,貝母を用ひて化痰し,肺火を瀉す,知母は腎を滋し肺金を清す,其の苦寒を取り熱に勝ち,潤し能く燥を去るなり。



2019-08-13

清骨散②・成方切用・巻8下・瀉火門

银柴胡(钱半) 胡黄连 秦艽 鳖甲(童便炙) 地骨皮 青蒿 知母(一钱) 炙甘草(五分)
銀柴胡(銭半) 胡黄連 秦艽 鳖甲(童便にて炙る) 地骨皮 青蒿 知母(一銭) 炙甘草(五分)

地骨、胡连、知母之苦寒,能除阴分之热,而平之于内。
地骨、胡連、知母は之れ苦寒,能く陰分の熱を除きて,内に之を平かにす。

柴胡、秦艽、青蒿之辛寒,能除肝胆之热,而散之于表;
柴胡、秦艽、青蒿の辛寒は,能く肝胆の熱を除きて,表に之を散ず;

鳖,阴类,而甲属骨,能引诸药入骨而补阴;
鳖は,陰類にして,甲は骨に属す,能く諸薬を引き骨に入りて補陰す;

甘草甘平,能和诸药而退虚热也。
甘草は甘平,能く諸薬を和して虚熱を退くなり。

2019-08-12

清骨散①・成方切用・巻8下・瀉火門

清骨散
清骨散

治骨蒸劳热,
(火炎水亏,真阴消烁,故肌骨之间,蒸蒸热也。
骨蒸の労熱を治す,(火炎は水を虧キし,真陰は消爍す,故に肌骨の間に,蒸蒸と熱するなり。

东垣曰:昼热夜静者。
東垣曰く:昼熱し夜静なる者は。

是阳气旺于阳分也。
是れ陽気が陽分に旺するなり也。

昼静夜热者。
昼静に夜熱する者は。

是阳气陷入阴中也,名曰热入血室。
是れ陽気が陰中に陥入するなり,名づけて熱入血室と曰く。

昼夜俱热者,是重阳无阴也。
昼夜倶に熱する者は,是れ陽重く陰無きなり。

当急泻其阳,峻补其阴。
当に急ぎ其の陽を瀉すべし,峻イソぎ其の陰を補す。

昼病则在气,夜病则在血。)
昼に病めば則ち気に在り,夜に病めば則ち血に在る。)
2019-08-11

新盆のお墓参り

 1泊2日で義父の新盆に行ってきた。石巻なので帰省ラッシュで大変だった。なかなか会えない親族子供甥っ子姪っ子達とたっぷり義父の生前の功績を語ってきた。

義母にもたっぷりと時間をかけて、女房が話してきた。体調があまり良くないのに、逆に俺の体調を気遣ってくれた。うれしいものだ。短い時間だったが、少し親孝行ができたと感じている。
2019-08-11

玉泉散・成方切用・巻8下・瀉火門

玉泉散(亦名六一甘露散)
玉泉散(亦の名を六一甘露散とす)

治阳明内热,烦渴,头痛,二便秘结,瘟疫,斑黄,及热痰喘嗽等证。
陽明の内熱にて,煩渇,頭痛,二便秘結,瘟疫,斑黄,及び熱痰喘嗽等の証を治す。

石膏
(六两,生用) 粉甘草(一两) 为细末。
石膏
(六両,生にて用ふ) 粉甘草(一両) 細末と為す。

每服一、二、三钱。
一、二、三銭を毎服す。

新汲水,或热汤,或人参汤调下。
新しく水を汲クみ,或ひは熱湯,或ひは人参湯にて調ひて下ノむ。

或加朱砂三钱,此益元散之变方也,其功倍之。
或ひは朱砂三銭を加ふ,此れ益元散の変方なり,其の功は之に倍す。

2019-08-10

石膏散③・成方切用・巻8下・瀉火門

(《玄珠①》曰:五行六气,水特其一尔,一水既亏,岂能胜五火哉?
(《玄珠①》曰く:五行六気は,水の特は其の一つのみ,一水が既に虧し,豈に能く五火に勝つや?


( ① 玄珠:《赤水玄珠全集》之简称,系明·孙一奎撰,丛书。)
( ① 玄珠:《赤水玄珠全集》の簡称,明・孫一奎撰に係る,叢書。)

医不知邪气未除,便用补剂,邪气得补,便入经络,至死不悟。
医は邪気が未だ除かれずを知らず,便ち補剤を用ひ,邪気は補を得,便ち経絡に入り,死に至るを悟らず。

P418
夫凉剂能清火养水,热剂能补火燥水,理易明也。
夫れ涼剤は能く清火養水す,熱剤は能く補火燥水す,理は明らか易ヤスきなり。

劳为热证明矣, 尚可补乎?
労は熱証と為すは明アキラカや, 尚ほ補す可ベきや?

唯无热无积之人,脉微无力,方可补之。
唯だ無熱無積の人は,脈微にして無力なり,方は之を補す可ベし。

必察其胃中及右肾二火俱亏,后用补剂可也。
必ず其の胃中及び右腎の二火が倶に虧キすを察し,後に補剤を用ふ可ベけんなり。

《证治要诀》云:治虚劳独用热药者,犹釜中无水而进火也;
《証治要訣》に云ふ:虚労にて独り熱薬を用ひ治す者は,猶ほ釜中に水無くして火を進むるなり;

过用冷药者,犹釜下无火而添水也。
冷薬を過用する者は,猶ほ釜下に火無くして水を添ふるなり。

非徒无益,而有害之。)
徒イタズラに非ず無益にして,之を害有りと。)(非徒:…ばかりでなく。…だけでなく。)
2019-08-09

学習

 昼間暑くてとても仕事がはかどらない。水分補給しながら配達などしている。今日配達に行った先は夏季休暇に入ってしまい無駄足になってしまった。今月下旬にもう一度足をはこばなくては。

夕方になると風が入り涼しくなる。こうなると漢方の勉強がはかどる。おっ「はかどる」って「捗る」と書くんだ。進捗状況の捗チョクなんだ。手偏に歩むだから遅いのだろうな。

昔、師匠や先輩達が、休みの時には原典を素読するいい機会だよと言ってくれた。正月休みに金匱要略を読んだとか景岳全書を読んだなどと聞かされた。我々弟子は言われてもやらないので、ついに合宿という形で強制的に素読をやらされた。

結構読んだな。自分のクラスの合宿だけでなく、合同合宿も各地でやったからな。懐かしい。夏の暑い時に師匠から葉書をもらったこともあった。夏はみんな暑い。継続は力なり。頑張れと。蝉時雨の中思い出す。
2019-08-09

夏休み中のプール中止

 高知市で「熱中症など安全面に不安」と市小学校長会が、運営する各校PTAに自粛を求めた。現在の管理体制では安全が確保できないそうだ。夏に暑けりゃプールに入りたいだろうに。

熱中症の疑いで気分が悪くなる子どもが続出だそうだ。プールサイドには日陰を作ったり葦簀をかけたり、担当学校薬剤師が指導しているはずだが。地域の薬剤師会の発言力が弱いのか。こういう問題は学校保健会で、校長会、教育委員会などと協議してから実施してもらいたいものだ。

各地に飛び火するのが怖い。たしかに昨年、高知市立小の開放中のプールで女児が底に沈み、一時意識不明となった。校長会が神経質になるのは無理ない。しかし管理をしっかりすれば安全なはずだ。やり過ぎで子供達の芽を摘むのは止めて欲しいものだ。
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と5人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com

書きこみカレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

SEIROU

Author:SEIROU
薬師くすしのブログへようこそ!
昭和26年生まれの卯年。几帳面でだらしのないA型人間。アマチュア無線3級のラジオ老年だった。漢方家。薬剤師。2女1男の子供と5人の孫を持つ。自分の兄弟も同じ姉2人と俺の3人兄弟。
最近両親を亡くし長老になってしまった。
E-mail oosoneseirou@gmail.com